最新!売れ筋「ビジネス書」200冊ランキング

「1分で話せ」が初の1位を獲得!

「孫正義氏にも一目置かれた」という伝え方を解説した書籍が1位を獲得しました(画像:motion.imaging / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、6月3~9日のランキングだ。

なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『1分で話せ』が初の1位を獲得

今週は、先週3位だった『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』(伊藤羊一著、SBクリエイティブ)がみごと1位を獲得した。ヤフーアカデミア学長でありグロービス講師も務める筆者が、孫正義氏にも一目置かれたという「伝え方」を伝授しているという。 

3位には、今週初登場の『読書という荒野』(見城徹著、幻冬舎)がランクインした。数々のベストセラーを生み出し「出版界の革命児」と呼ばれた筆者の読書論を紹介した本書は、6月6日の日本経済新聞の広告の影響もあり、注目を集めている。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~49位!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?