「英語の長文」が読めるようになる意外なコツ

情報収集力が格段にアップ!

リスニングやスピーキングに比べて、リーディングが得意な日本人は多いはず。ただ、今あなたは、英語のリーディング力を何かに生かせていますか?(写真:bee/PIXTA)

あなたは英語を読むのは得意ですか? こう聞くと、比較的しっかり英語を勉強してきた人や、英語が得意科目だった人からは「リスニングやスピーキングは苦手だけど、読むのは得意です」という答えがよく返ってきます。

確かに、中学・高校で英語を習ってきた中で、英文を読むことは、かなり中心的な活動だったと思います。英文法を習い、それを一つひとつ確認するように英文読解をし、和訳をしていく、といった授業が大半を占めていた人も多いのではないでしょうか。

リーディング力向上は意外と重要

では、今あなたは、英語のリーディング力を何かに生かせていますか?

たとえば仕事上の情報収集に。いち早いニュースのキャッチアップに。外国人の同僚との会話に。もちろん日本語でも情報のインプットは欠かせませんが、英語でインプットができれば、さまざまな場面で活用できます。

英語学習の中でリスニングやスピーキングは頻繁にフォーカスされますが、意外と重要で、しかも難しいのがリーディング力のアップ。まずはリーディングができるメリットを知って、ビジネスに生かす洋書リーディングを始めましょう。今回は、『学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング』の著者で、英語学習コーチの谷口恵子が、洋書を読めるようになるためのコツを紹介します。

「洋書をスラスラ読んでみたい」というのは、英語学習をしている方なら一度は抱く思いではないでしょうか。日本語の本を読むのと同じように気軽に洋書を読むことができたら、すばらしいですよね。好きな作家の新作も、翻訳版を待つ必要がなくなります。話題になっているあのビジネス書も、原書なら、著者の言いたいことをそのままのニュアンスで受け取ることができます。

「洋書は難しいから翻訳版でいい」と思う方もいるかもしれません。しかし、映画化されるほどのベストセラーでも、翻訳版が出るのは通常、原書の数カ月後です。有名な本でなければ、翻訳版が出るまでに何年もかかることもありますし、翻訳版が出ないまま終わる本もたくさんあります。

さらに、昨今の出版不況を考えると、出版社は今後ますます翻訳本に手が回らなくなっていくことが予想されます。そうなると、翻訳本の出版は今より減ってしまうでしょう。世界には面白い本が山のようにあるのに、日本語版がないという理由で読むことができないとしたら、なんてもったいないことでしょう。長い英語を抵抗なく読む力を身に付けていれば、「この洋書を読みたい!」と思ったときにすぐ読み始めることができるのです。

次ページ英語が読めるようになるといろいろできるようになる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT