「喫煙する人は太っていない」は本当だった

45万人のデータ分析からわかったこと

肥満度が高い人ほど喫煙していないことが最近の研究で明らかになった(写真:REUTERS/Christian Hartmann)

[(ロイター・ヘルス)] - 喫煙は、痩せていることと長年、関連付けられてきた。ところが最近の遺伝子研究によって、過剰な体脂肪(特に、腹部周りに付く体脂肪)の傾向についても、喫煙の有無と高い相関関係があることがわかった。

この研究は、余分な体脂肪の有無が喫煙の開始や喫煙量に影響を与えている可能性を示唆している。研究リポートは5月16日、『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)』に掲載された

45万人のデータを分析

「この研究結果には、喫煙の開始・禁煙へ影響を及ぼす、肥満の役割について明確に記載されており、重要な危険因子の流行削減を目的とした公衆衛生の介入に影響を与える恐れがある」と、フランス、リヨンにある国際がん研究機関のロバート・カレーラス - トレスを筆頭とする研究チームが書いている。

当論文の著者は、ロイターからのコメントの依頼には応じなかった。

研究チームは、UKバイオバンク、TAG組合から送られたヨーロッパに祖先を持つ約45万人のデータを分析した。データベースには、遺伝的、医学的、生活様式に関する情報も含まれている。

次ページ肥満と喫煙の関連性
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。