ビジネスホテルの「全客室禁煙化」は進むのか

「コンフォート」が達成も各社対応にばらつき

ビジネスホテルにも全面禁煙の波が押し寄せている(撮影:尾形文繁)

「クリアな空気を提供できるホテルになりたい」――。

5月31日は「世界禁煙デー」。この日に合わせて、「コンフォートホテル」を展開するチョイスホテルズジャパンは、全国で運営する56ホテル、8990客室の全面禁煙化を達成したと発表した。都内で開催したイベントに登壇した大塚さやか取締役が、たばこの火に見立てたLED(発光ダイオード)キャンドルを吹き消すなどして、セレモニーを行った。

チョイスホテルズの調べによると、50ホテル以上を展開するホテルチェーンで全客室を禁煙化したのは初だという。

米国とカナダに続き全室禁煙化

コンフォートホテルは日本での知名度はさほどでもないが、米国発祥の大手ホテルチェーンとしては世界有数の規模を誇る。日本では2017年3月に上場したグリーンズ(三重県四日市市)の子会社であるチョイスホテルズジャパンが、米本社のフランチャイジー(FC)として、1999年から展開している。主力の「コンフォートホテル」ブランドはビジネスホテルのような宿泊特化型だ。

全室禁煙化を宣言した、チョイスホテルズジャパンの大塚さやか取締役(記者撮影)

米本社は2016年7月に米国とカナダで全客室の禁煙化に踏み切った。日本のチョイスホテルズも2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、増加が見込まれる訪日外国人客の快適性を高めようと禁煙化に着手。

2016年に11軒、2017年に34軒と禁煙化を進め、この5月末に全ホテルの客室を禁煙化した。新しいホテルには喫煙ブースを設けているが、建物内にスペースがない場合は敷地内に喫煙所を設けて対応しているという。

かつてはビジネスホテルの客室といえば、たばこが吸えて当たり前だった。だが、社会的に禁煙・分煙の流れが進む中、ホテルにも禁煙化の波は確実に押し寄せている。

次ページアパ、ワシントン、東横インの対応は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT