注意!妊婦には食べすぎていけない魚がある

水銀が子供の発達に悪影響を与えるリスクも

妊婦の食事はよりいっそう注意を払わなければいけません(写真:ふじよ / PIXTA)

妊娠した女性が食事にいっそう注意を払うようになることは多い。しかし、妊婦が知らず知らずのうちに魚を通じて水銀を過剰摂取するおそれがあることをご存じの方はどれだけいるだろうか?

水俣病の原因が水銀であることは、多くの人が知っている。しかし妊娠した女性が「マグロ」などを食べ過ぎてはいけないことを知っている人は少ない。調査によると、54.8%の妊婦は「知っている」と回答したが、実際に食べる魚の量に気をつけている妊婦は28.7%にとどまる(『母性衛生』50巻4号 吉田真奈美他による研究)。

恥ずかしながら、筆者は知らなかった一人である。2000年代前半に子どもを生んだが、家族から「金目鯛は食べ過ぎないほうが良いよ、妊婦にはよくないみたいだから」とは聞いていたが、高級魚の金目鯛をあえて食べる必要もなかったので、手頃な価格のメバチマグロを多食していた。

メバチマグロを週に80グラム以上食べないほうが良い?

調べてみると、厚生労働省は妊婦の魚食と水銀リスクについて2003年から専門家を招き審議を重ねていた。

水銀は水中や土壌中で微生物の働きによって化学変化し、メチル水銀が生成される。海水にも含まれ、食物連鎖によって徐々に濃縮し、上位に位置するクロマグロなどで濃度が高くなる。母親が食事を通じて水銀を摂取すると、胎盤を通っておなかの中の赤ちゃんに蓄積される。

メチル水銀は体の神経系に作用し、発育中の胎児はその影響を受けやすくなる。濃度の高さによっては生まれた子どもの運動機能や知能の発達に悪影響が出るリスクが高まるという。メカジキ、メバチマグロ、クロマグロなど、特定の魚介類には食物連鎖を通じて高い濃度の水銀が含まれているため、妊娠期間中には過剰なメチル水銀を摂取しないよう、その量をコントロールするように、ということである。

次ページ摂取すべき種類と摂取量の目安について
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT