パナ子会社、贈収賄巡り2.8億ドル支払い和解

帳簿を偽装した疑い

[ワシントン 30日 ロイター] - パナソニック<6752.T>の子会社、パナソニック・アビオニクスは30日、中国を含むアジア諸国の販売代理店への支払いを隠ぺいするために帳簿を偽装した疑いについて、約2億8000万ドルを支払うことで米当局と和解した。

これを受け、米司法省はパナソニック・アビオニクスの訴追を行わないことで合意した。

パナソニックはコンプライアンス改善のほか、独立監視官を採用することで合意。今後いかなる調査にも協力するとした。

パナソニック・アビオニクスは航空機の機内エンターテイメントシステムなどを手掛けている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。