パナ子会社、贈収賄巡り2.8億ドル支払い和解

帳簿を偽装した疑い

[ワシントン 30日 ロイター] - パナソニック<6752.T>の子会社、パナソニック・アビオニクスは30日、中国を含むアジア諸国の販売代理店への支払いを隠ぺいするために帳簿を偽装した疑いについて、約2億8000万ドルを支払うことで米当局と和解した。

これを受け、米司法省はパナソニック・アビオニクスの訴追を行わないことで合意した。

パナソニックはコンプライアンス改善のほか、独立監視官を採用することで合意。今後いかなる調査にも協力するとした。

パナソニック・アビオニクスは航空機の機内エンターテイメントシステムなどを手掛けている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。