パナ子会社、贈収賄巡り2.8億ドル支払い和解

帳簿を偽装した疑い

[ワシントン 30日 ロイター] - パナソニック<6752.T>の子会社、パナソニック・アビオニクスは30日、中国を含むアジア諸国の販売代理店への支払いを隠ぺいするために帳簿を偽装した疑いについて、約2億8000万ドルを支払うことで米当局と和解した。

これを受け、米司法省はパナソニック・アビオニクスの訴追を行わないことで合意した。

パナソニックはコンプライアンス改善のほか、独立監視官を採用することで合意。今後いかなる調査にも協力するとした。

パナソニック・アビオニクスは航空機の機内エンターテイメントシステムなどを手掛けている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。