パナ子会社、贈収賄巡り2.8億ドル支払い和解

帳簿を偽装した疑い

[ワシントン 30日 ロイター] - パナソニック<6752.T>の子会社、パナソニック・アビオニクスは30日、中国を含むアジア諸国の販売代理店への支払いを隠ぺいするために帳簿を偽装した疑いについて、約2億8000万ドルを支払うことで米当局と和解した。

これを受け、米司法省はパナソニック・アビオニクスの訴追を行わないことで合意した。

パナソニックはコンプライアンス改善のほか、独立監視官を採用することで合意。今後いかなる調査にも協力するとした。

パナソニック・アビオニクスは航空機の機内エンターテイメントシステムなどを手掛けている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT