遺伝子的な差異は社会的不平等を生み出すか

教育・所得格差はゲノムで説明できる?

受け継がれた遺伝子的な差異こそが社会的不平等の第一の駆動力なのだろうか?(写真:Graphs / PIXTA)

双子研究を筆頭に、遺伝子が我々の身体的特徴だけではなくIQや統合失調症などの病気といった数々の要因に深く関連していることがわかってきている。が、そうであるならば遺伝子についての知見を深めることによって政策レベルで活かすーー介入したほうがいい人間には介入し、そうでない人間には介入しないーーというような形の、オーダーメイド政策はありえるのか。

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

たとえば、受け継がれた遺伝子的な差異こそが社会的不平等の第一の駆動力なのだろうか。現在の機会均等は主に”勉強ができること”によってもたらされているが、そもそもその能力に生来から違いがあるのだとしたらそれはどれ程の不平等につながっているのか。

もしそれが明らかになれば、より適切な平等へ向けて歩み出すことができるかもしれない。これは見方によっては危険な考え方だけれども、本書『ゲノムで社会の謎を解く――教育・所得格差から人種問題、国家の盛衰まで』はそんな領域へと果敢に踏み込んでいく刺激的な一冊だ。

“しかしわれわれ{本書の著者二人}は目を見開いてこの探求の領域に入り込む。実際、不平等の遺伝学がこの本の主なテーマだ。具体的には、分子遺伝学の情報を社会科学的探求に組み込むことが、不平等や社会経済的成果(個人でも国全体でも)についての議論にどう役立つかを考える。”

わかっていることは多くないのが現状

ゲノムで社会の謎を解くと勇ましい書名もついているが、わかっていることは多くないのが現状だ。たとえば統合失調症についての遺伝しやすさの推定は80パーセントを超えていたが、DNAデータを使った研究ではかなり低い3パーセントのような推定を出すものもある。

そういった”わかった”と思っていたことも、意外と確かではないことが明らかにされていき、”謎を解く”というよりかは、”そもそも何が謎なのか”といったところから、遺伝子と社会の関係性が明らかにされていく。産まれたばかりの分野だからこそ、その探求はひたすらにエキサイティングである。

次ページどのような疑問が取り上げられているのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。