GW中に試したい!「アナログ生活」のススメ

単一機能なら従来品のほうがベターかも

アップルウォッチの画面は、ユーザーが手首を一定の角度に傾けると点灯する。特定の動きから、持ち主が時間を見ようとしていることを判別するわけだ。バッテリーを長持ちさせるのに役立っている機能だが、かえっていらいらさせられた経験を持つユーザーはけっして少なくない。

たとえば自転車に乗っているときに時間を知りたいと思ったら、左手をハンドルから離し、アップルウオッチの「文字盤」の面を顔の方に向けなければならない。

混んだ電車やバスの車内でポールを握って立っている場合も、時間を見るために手首を正しい方向に傾けるのは容易ではない。会議中に次の予定までの時間が気になったとしても、手首をひょいと曲げて文字盤を見るのはあからさますぎる。

こうしたケースでは、アップルウォッチが省電力とディスプレーの常時表示を両立できるようになるまでは、時間を見るという機能については普通の腕時計に軍配が上がる。仕事中は腕時計、ジムではアップルウォッチという使い分けをするのもありだ。

タッチスクリーンが埋め込まれた車が多いが…

車載用ホルダーvs.スマートカー・コンソール

最近ではコンソールにタッチスクリーンが埋め込まれた車が多い。このスクリーンはスマートフォンと同じ画面を映し出すためのものだ。グーグルの基本ソフト(OS)、アンドロイド搭載のスマホであれば「アンドロイド・オート」、アップルのiPhoneであれば「カープレイ」と呼ばれる技術を使う。

どちらのシステムも、スマホとシームレスに使えることを狙って設計されている。たとえばiPhoneにつなぐと、アップル製の地図アプリやアップルミュージック、ポッドキャストなどのアプリがコンソールのタッチスクリーン上にも表示される。スマホをいじることなく、タッチスクリーン上もしくは音声アシスタントのSiriを使って操作可能だ。

問題は、スマホで愛用しているアプリでも、コンソール上のタッチスクリーンでは使えない場合があることだ。たとえばカープレイでは、アップルの地図アプリは使えてもグーグルマップは使えない。

次ページ昔ながらの方法のほうが機能的だ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT