プロが選んだ「完全ワイヤレスイヤホン」9選

「AirPods」に続くヒットは生まれるか

完全ワイヤレスのイヤホンは自由で快適な装着感が特長です

ベルリンで開催されたエレクトロニクスショー「IFA2017」には、今後のデジタル製品のトレンドとなる最新製品が世界中から大集結。今年の会場で目立っていたのが、昨年に「EARIN」やAppleの「AirPods」の登場によって一気に注目を集めた“完全ワイヤレスイヤホン”でしょう。

ポータブルオーディオのワイヤレス化が進むなか、ワイヤレスの究極形態ともいえる“完全ワイヤレス”は、左右のイヤホンが独立した耳栓のような形状が特徴。従来のBluetoothイヤホンのように、左右のイヤホンをつなぐケーブルがなく、より自由で快適に装着することができます。

今回、IFAに出展された製品の多くが日本でも展開しているブランドのものなので、これから日本に上陸する可能性も高く、注目度も大。なかでも特に注目したい9つの完全ワイヤレスイヤホンを紹介していきたいと思います。

気になるソニーの完全ワイヤレスイヤホンをチェック

当記事は、「GetNavi web」の提供記事です

まずはソニーが日本での発売スケジュールも公開した「WF-1000X」を、IFAの会場で試してみたインプレッションから報告します。日本でも10月7日に発売されることが決まっている製品です。

ソニー「WF-1000X」。ケースはやや大きめ
次ページいわゆる「全部入り」のヘッドホン
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。