脱力系部下をやる気にさせる魔法の言葉

アンニュイな秋、チームをどうまとめる??

秋も深まり寒さを感じる日が増えてきました。物憂げな季節と言われるこの時期、日頃、やる気に満ちている社員でさえ、ボヤッとしてしまいますが、やる気のない社員なら、なおさらボヤボヤボヤッなことでしょう。

そんな「やる気のない部下」に対して、上司である皆さんが「やる気がないからダメだ」というレッテルを張ってあきらめてしまうのは簡単ですが、はたしてそれでよいものでしょうか? 部下を動かすには、ましてや女性部下を上手に動かすには、感情をもくみ取ったマネジメントが必要だと私は考えます。そこで今日は「あなたと部下との関係性を変えることで、やる気を少しでも引き出す」そんなTIPSをお届けしたいと思います。

まずはこちらをご覧ください。私が主宰している営業部女子課で調査した「女性部下から見て、上司のここはイヤだなと思うランキング」です。

1位 「俺の言うことがいちばん正しい」と譲歩しない

2位 お客様や上層部にはペコペコしているのに、業者さんたちには横柄な態度を取る

3位 優しすぎて決められない(女性部下に厳しく指導できない)

4位 感情的に怒り、机や物に当たる(おそらく本人は威嚇したい)

5位 部下そのものに無関心(放置、部下の行動を知らない)

次ページ「末期的上司」になる前に!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。