脱力系部下をやる気にさせる魔法の言葉

アンニュイな秋、チームをどうまとめる??

秋も深まり寒さを感じる日が増えてきました。物憂げな季節と言われるこの時期、日頃、やる気に満ちている社員でさえ、ボヤッとしてしまいますが、やる気のない社員なら、なおさらボヤボヤボヤッなことでしょう。

そんな「やる気のない部下」に対して、上司である皆さんが「やる気がないからダメだ」というレッテルを張ってあきらめてしまうのは簡単ですが、はたしてそれでよいものでしょうか? 部下を動かすには、ましてや女性部下を上手に動かすには、感情をもくみ取ったマネジメントが必要だと私は考えます。そこで今日は「あなたと部下との関係性を変えることで、やる気を少しでも引き出す」そんなTIPSをお届けしたいと思います。

まずはこちらをご覧ください。私が主宰している営業部女子課で調査した「女性部下から見て、上司のここはイヤだなと思うランキング」です。

1位 「俺の言うことがいちばん正しい」と譲歩しない

2位 お客様や上層部にはペコペコしているのに、業者さんたちには横柄な態度を取る

3位 優しすぎて決められない(女性部下に厳しく指導できない)

4位 感情的に怒り、机や物に当たる(おそらく本人は威嚇したい)

5位 部下そのものに無関心(放置、部下の行動を知らない)

次ページ「末期的上司」になる前に!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT