5年後、雑誌と本は生き残れますか?

【キャリア相談 特別編】 第3回

器を小さくしないとイノベーションはない

佐々木:スターを集める箱を作るとしたら、それは既存のメディアを使ってブランディングを確立したほうがいいのでしょうか、それとも新しくイチからつくったほうがいいでしょうか。既存のメディアでは厳しい気がするのですが。

塩野:残存しているメディアパワーを使ってスターを創り出せばいいと思います。その人の書くものはそこだけで売るという戦略で。でも、それって有名人のメルマガや、有料ブログで課金するのとあまり変わりがないですが。

佐々木:新しくイチからメディアを創っても、成功する可能性はありますかね。

塩野:できるんじゃないですか。残存したメディアパワー、つまり既存の出版社や媒体に残るネームバリューを使い切れば。

佐々木:どうして既存の組織だと厳しいと思うかと言いますと、やっぱり硬直的だからなんです。報酬体系を見ても労組が強いですし。

スターシステムでやるとしたら、やっぱり成果主義的にやらないと、みんな面白くないので来ないと思うんですよ。新しい器を創らないと無理なのかなという気がします。

塩野:新しい器は小さくする以外ないですよ。既存の大きい器だったら切り出して小さくしないとイノベーションはない。小さいものを買うか、小さいものを切り出すかしかないですね。大組織は野心のある小組織にイノベーションをアウトソースすべきです。

佐々木:そうですね。今回は貴重なお話ありがとうございました。

塩野:こちらこそ、ありがとうございました。

(構成:上田真緒、撮影:梅谷秀司) 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。