5年後、雑誌と本は生き残れますか?

【キャリア相談 特別編】 第3回

器を小さくしないとイノベーションはない

佐々木:スターを集める箱を作るとしたら、それは既存のメディアを使ってブランディングを確立したほうがいいのでしょうか、それとも新しくイチからつくったほうがいいでしょうか。既存のメディアでは厳しい気がするのですが。

塩野:残存しているメディアパワーを使ってスターを創り出せばいいと思います。その人の書くものはそこだけで売るという戦略で。でも、それって有名人のメルマガや、有料ブログで課金するのとあまり変わりがないですが。

佐々木:新しくイチからメディアを創っても、成功する可能性はありますかね。

塩野:できるんじゃないですか。残存したメディアパワー、つまり既存の出版社や媒体に残るネームバリューを使い切れば。

佐々木:どうして既存の組織だと厳しいと思うかと言いますと、やっぱり硬直的だからなんです。報酬体系を見ても労組が強いですし。

スターシステムでやるとしたら、やっぱり成果主義的にやらないと、みんな面白くないので来ないと思うんですよ。新しい器を創らないと無理なのかなという気がします。

塩野:新しい器は小さくする以外ないですよ。既存の大きい器だったら切り出して小さくしないとイノベーションはない。小さいものを買うか、小さいものを切り出すかしかないですね。大組織は野心のある小組織にイノベーションをアウトソースすべきです。

佐々木:そうですね。今回は貴重なお話ありがとうございました。

塩野:こちらこそ、ありがとうございました。

(構成:上田真緒、撮影:梅谷秀司) 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT