検証!「普段運動する人」は老化しにくいのか

老化の進行はコントロールできる?

サイクリングをする高齢者の血液中の新しいT細胞の数は、若い世代と変わらないレベルだった(写真:wavebreakmedia / PIXTA)

イギリスのサイクリング愛好家たちを対象にした最新の2つの研究から、年を取っても体を動かし続けることが、筋力と免疫力の低下を防ぐことにつながる可能性が示された。これはまた、老化についての一般通念には時代遅れの面がある可能性や、老化の進行はもっと自分たちでコントロールできる可能性を示す新たな証拠とも言える。

年を取ることは避けられないと一般的には考えられている。確かに時計の針を止めることは不可能で、年月は万人に平等に過ぎていく。だが時の流れに対する体の反応は人によって異なる。大半の人が老いぼれていくのに、元気はつらつとしている人がほんの一握りいるのだ。

普通の老化のあり方に対する常識が変わる?

英科学誌『エージング・セル』に発表された2本の論文を手掛けたイギリスの研究者たちは、この「個人差」から老化に関する「常識」の正しさに疑問を抱くようになった。特に気になったのが、運動が老化に与える影響は無視できるほど小さいのかどうかだ。

欧米では中年以降になると運動習慣のある人の割合は少なくなり、65歳を過ぎてもなお、定期的に運動している人はたった10%程度と言われている。つまり、加齢に伴って当然起きると思われていることは、普段運動をしない人々が高齢になった場合の体験に基づいているわけだ。

だが研究者たち(多くはスポーツ愛好家だった)は、運動は老化の進み方に何らかの影響を及ぼすのではと考えた。もしそうであれば、「普通の」老化のあり方に対する私たちの常識が変わるかもしれない。

そこでまず、研究者たちは年を取っても運動を続けている人々の集団を探すことにし、地元のサイクリング愛好家グループに目を付けた。最終的に研究への協力を仰いだのは年齢55~79歳の男女数十人で、いずれも若い時から何十年もサイクリングを続けており、現在も月に640キロほど走っているという人々だった。

次ページサイクリング愛好家を調べた結果…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT