これが真実!日々歩けば「医者要らず」になる

薬漬けの人に教えたい「健康のキホン」

KAORU / PIXTA(ピクスタ)
風邪を引いたとき、健康診断で気になる項目が見つかったとき、あなたなら、どうするだろうか?まずは医者にかかる、あるいは、薬局に行って市販薬を買う、という人が大半だろう。
しかし尼崎市でクリニックを営む長尾和宏医師は、毎日歩くことをすれば、「大半の病気は医者いらず、薬いらずになる」と言う。
いったいどういうことか?『病気の9割は歩くだけで治る!』(山と溪谷社) の著書もある長尾医師に聞いた。


 私は、兵庫県の尼崎市でクリニックを営んでいる町医者です。私の外来には、高血圧、糖尿病、胃腸不良、うつ病、不眠症、認知症、膝や腰の痛み――など、さまざまな病気、症状で困っている患者が訪れます。当然、病気や症状によって治療は異なりますが、どんな病気、どんな症状でも共通してアドバイスすることがあります。それは、「歩く」ということです。「病気の大半は歩くだけで治る」と常々言っています。

そのエビデンス(根拠)を示せといわれれば、示すことはできないので、 言い過ぎと言われてしまいそうですが、それでも「歩けばよくなる」「歩けば医者いらずになる」とは確信をもって言えます。

ところが、現実はどうでしょう。風邪を引いたら、医者にかかり、薬をもらって帰ってくる。健康診断で生活習慣病の疑いがあると判明すれば、やっぱり医者にかかり、薬をもらう。しかし、風邪を治す薬なんて存在しないということは、ご存知でしょうか。

風邪薬と呼ばれるものはあるものの、その正体は、「風邪を治す薬」ではありません。単に、風邪によって生じた症状を抑えるための薬です。症状ごとに薬が出るため、風邪で3種類や5種類も薬が処方されます。病気によっては、10種類、20種類も飲んでいるという方もいるのが現状です。

次ページ西洋医学は基本、対症療法
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。