これが真実!日々歩けば「医者要らず」になる

薬漬けの人に教えたい「健康のキホン」

著書『病気の9割は歩くだけで治る!』でも書きましたが、糖尿病や高血圧といった生活習慣病も、認知症も、うつ病も、不眠症も、逆流性食道炎も、便秘も、アトピー性皮膚炎、喘息、パニック障害も、すべて歩くことが大事だと私は考えています。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病に関しては、歩く(運動する)という生活習慣が大事なんだろうと、容易にイメージがつくかもしれません。しかし、なかには、歩くこととの関係が薄そうに見えるものもあるのではないでしょうか。

なぜ、歩くことが、幅広い病気の“根本治療”になるのか――。歩くことでメタボを予防・解消するというのも大事なポイントですが、ここではあまり知られていない3つの「歩く効能」を紹介しましょう。

ひとつは、歩くと、免疫力が高まる、ということ。

最近の研究で、適度な運動を行っている人は、そうでない人に比べて、免疫細胞のなかでもNK(ナチュラルキラー)細胞の活性が高まることが明らかになっています。ここで大事なのは、「適度な運動」ということです。あまりにハードな運動は、人間の細胞や遺伝子を酸化させて傷つける「活性酸素」を増やすため、かえって免疫力を下げます。なおかつ、NK細胞を活性化するには、楽しんで運動をすることも大事と言われています。つまり、楽しく歩くことで、免疫力は高まるのです。

胃腸が動くのも、歩けばこそ

2つ目は、歩くと、自律神経が整うということです。

自律神経には、活動していたり、緊張・ストレスのあるときに働く「交感神経」と、リラックスしたときに働く「副交感神経」があります。この2つのバランスが乱れることで、生じる不調、病気は多いのです。

たとえば、「逆流性食道炎」や「過敏性腸症候群」。逆流性食道炎は、胃液や胃の内容物が食道に逆流して、食道に炎症を起こし、胸やけなどの不快な症状を起こす病気で、過敏性腸症候群とは、腹痛や腹部の不快感を伴う下痢・便秘が慢性的に繰り返される病気のことです。

これらの共通点は、器質的には異常がないのに、胃腸の働きが悪いということ。そして、胃腸の働きをコントロールしているのは何かと言えば、自律神経なのです。

歩いたらお腹がすいて、腸が動く。このことは、誰もが経験したことがあるでしょう。歩けば、自律神経が活性化されて、胃腸のぜん動運動が自然に生じます。だから、自律神経の支配下にある胃腸の働きを整えるには、歩くことがいちばんの治療法なのです。

次ページ幸せを感じるという効果も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT