Facebookから身を守る有効な手立てはあるか

自分の情報を保護するためにできることは?

大量のユーザーの情報が流出したことが問題となっているフェイスブック。ユーザーがわが身を守るためにできることは?(イラスト:Dado Ruvic/ロイター)

2016年の米大統領選で、英選挙コンサルティング会社がフェイスブックの8000万人以上の利用者のデータをトランプ陣営の選挙運動に活用した疑いが浮上したことで、多くの人は疑問に感じている。フェイスブック上の自分の情報を守る方法はあるのだろうか、と。

だが現実は厳しく、フェイスブックを閲覧するのをいっさいやめるかアカウントを削除しないかぎり、有効な手立てはあまりない。

情報はどうやって流出したのか

しかし、自分の情報を保護するためにできることがいくつかある。ウェブトラッキングをブロックするソフトウエアをインストールしたり、フェイスブック上で使用しているアプリを慎重に選択したりするのもその一例だ。

自分の情報をより確実に守る方法を知るには、今回、個人情報が流出してしまった8000万人以上の人々に何が起きたのかを理解することも役に立つ。

英ケンブリッジ大の研究者がフェイスブック上に性格診断アプリ「thisisyourdigitallife」を公開し、研究目的としてユーザーから同意を得て彼らの情報を収集した。テストに参加したのは約27万人だったが、これはフェスブックの莫大な数のユーザーの情報を入手するのに十分な数だ。

フェイスブックによれば、その性格診断アプリをダウンロードしたユーザーは、自分の「友達」のうちプライバシー設定で許可していたユーザーの情報の一部も共有することに同意する仕組みになっていた。

次ページデータを収集されないためには…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT