スルーされる国・日本に外国人を呼ぶ方法

国家PRのプロ、BBCアドバタイジングが分析

――どんな点が優れているのですか?

インバウンドで成功している国々は、外国人観光客の、国別の関心の違いにも敏感です。欧州の観光者は、米国の観光者とは趣味・嗜好がかなり違います。当然、中国人観光客とも異なる。

欧米の観光客は長期滞在で日本の伝統や文化に触れたがり、鉄道で都市や地方間を移動したいと考えています。一方、香港やシンガポールから来る外国人は短期の観光客が多く、都市を中心に観光します。だから桜の季節とか、北海道のスキーの時期などを狙ってくる。大阪や京都で食を楽しむことも好きですね。

東京のイメージは単なる都会?

高層ビルと車の渋滞と満員電車。東京と聞いて外国人が思うイメージか 

都市に来る客は、基本的にはビジネス客です。だから東京は、その魅力をもっと発信する必要があります。海外からの印象では、東京はビジネス都市で、観光で行く先(デスティネーション)とは必ずしも認識されていない。外国人は東京を日本の玄関口とだけ考えて、すぐほかの地域へ移動してしまう。東京に滞在したら、どんなことを楽しめるのか、丁寧に示すべきです。

BBCアドバタイジングは35を超える観光当局とパイプがあります。PRや国際的なブランド確立などで協業しています。マレーシアやタイの当局には歴史がある。バハマのように皆がよく知らない国もあります。中国の地方都市にもパイプがあります。

2012年には、沖縄県とも一緒に仕事をしました。沖縄がどこにあり、どんな特徴があるか知らない人が多いので、海や空のきれいさ、気候のよさを訴えました。ビジネスで日本へ来ても沖縄へ必ずしも行かないから、欧州や中米などには強い印象を与えています。

日本のディテールが伝わっていない

――日本を紹介するテレビ番組が、海外では少ない気がします。

日本は都道府県が多い。それぞれ非常に個性的で特色があるのですが、平均的なアメリカ人、ヨーロッパ人にはその違いがわからないのでしょうね。私はアジアに住んでいるから違いがわかりますが、南日本と北日本の違い、あるいは東西の気候や人々、習慣、食の違いが、海外ではあまり語られていませんね。

外国人観光客を呼び込むには、観光商品の単純化が必要です。地域ごとに、何がユニークなのか説明できることが大切です。日本はさまざまな意味で、非常にユニークな国です。休日の宿泊や移動にはコストはかかります。単に値段を安くすることではなく、旅行者のタイプに応じた観光商品をパッケージ化することが必要だと思います。

次ページ日本のPR戦略には問題がある?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT