スルーされる国・日本に外国人を呼ぶ方法

国家PRのプロ、BBCアドバタイジングが分析

五輪に絡めて、世界中でいろいろな報道をされ、東京や日本への期待が高まる。日本へ行く気がない人であっても、日本を知りたくなる。初めて日本へ来る人はとても大切です。五輪を見に来た人が、後にほかの人が来るための誘因となるからです。初来日で、日本が親しみやすく、礼儀正しく、客に親切であることを知ってくれます。

英語下手?ノープロブレム!

――ただ、日本人は英語が下手だと思っています。

人々が心地よくなるために、身振り手振りは非常に多くのことを伝えられます。空港やタクシーで必要な、基本的な英会話は政府が指導するでしょう。案内標識の多言語表示も進むでしょう。すべきことは多いですが、語学力よりも日本人の礼儀正しさなど、伝えられることはあります。英語は障害にはなりません。自信を持ってほしい。

――それでも、日本人は宣伝があまりうまくないのでは。

日本車を上手にプロモーションしているじゃない。

――いや、作るのと売るのは得意かもしれませんが、PRは下手くそなのでは。

日本人ではないから日本文化についてあれこれ言う資格はありませんが、しっかり作って、あとは語らず、みたいなものが日本の伝統かもしれない。それが日本の文化であり歴史です。

ただ、観光業界では、「日本を語ること」が重要なルール。外国人を呼び込むことが日本で仕事や雇用を生み、日本人の国際化につながるのです。日本政府もそう考えていると思いますよ。

――その意味では、五輪をゲットした日本のプレゼンはうまかったのかな。

そのとおり。イスタンブールを打ち破ったじゃない(笑)。2016年大会に向けては負けたけど、今回は勝った。チャレンジスピリッツの勝利。やればできる(We can do it.)。

北京での五輪開催がそれほど前ではないのだから、アジア地域で、しかも中央アジアでなく東アジアで開催するのだから、今回の招致決定は驚くべき勝利ですよ。

(撮影:梅谷秀司、今井康一)

『週刊東洋経済』10月19日号の巻頭特集は「おもてなしで稼ぐ」。東京五輪まで約7年、日本が観光立国となるための方法や課題について、豊富なケーススタディや地域の取り組みを通して紹介しています。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT