300万人のドバイが観光収入3兆円を稼ぐワケ

ド派手なドバイワールドカップに行ってきた

ここからは恒例の競馬の予想コーナーだ。ドバイを熱く語った後は、国内の競馬へ。しっかり予想して、バッチリ当てたいものだ。

桜花賞はラッキーライラックの「2番手探し」

いよいよ週末は桜花賞(3歳牝馬のG1、1600メートル、8日阪神競馬場11R)。これはもう、ほとんど昨年の2歳女王であるラッキーライラック(1枠1番)を見るレースであろう。

なにしろ無敗の4連勝。4勝のうちには、阪神JF(G1)とチューリップ賞(G2)という桜花賞と同じ阪神1600メートルのレースが含まれている。この条件では負ける気がしないだろう。無敗の桜花賞馬が誕生すれば、2004年のダンスインザムード以来の快挙となる。

あえてラッキーライラックに死角があるとしたら何か。鞍上の石橋脩騎手が不安だ、との声は4連勝の実績に対して失礼であろう。

では血統はどうか。阪神JFで人気を分け合った同じオルフェーヴル産駒のロックディスタウンが、父譲りの気性の荒さが難になっているのに比べれば、ラッキーライラックは信じられないほど「優等生」タイプである。それでは最内枠1番が不安か。いやいや、それくらいで引っくり返る実力差とは思えない。

確かに昨年のソウルスターリング、一昨年のメジャーエンブレムなど、桜花賞ではたびたび人気馬が不覚を取っている。とはいえ、ここはラッキーライラックを信じて2番手探しと行こう。シンザン記念で牡馬相手を制したアーモンドアイ、捲土重来を期すリリーノーブルとマウレア、あるいはフェアリーステークスを制したプリモシーン。馬単ないしは3連単で「攻めの馬券」といきたい。

阪神競馬場の桜はすでに大半が散っているかもしれないが、この週末は3歳牝馬が咲かせる花を見届けに行こう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT