300万人のドバイが観光収入3兆円を稼ぐワケ

ド派手なドバイワールドカップに行ってきた

1日に6つの大きなレースが行われるドバイワールドカップデー。人口わずか300万人前後のドバイが世界ナンバーワン、約3兆円もの観光収入を得られる秘密が隠されている(筆者撮影)

成田からの直行便で、ドバイ国際空港に到着したのは3月29日の午前3時台であった。

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

初めてこの地を訪れた筆者は、「ドバイと言えど、空港はさすがにほかと同じだな…」などと考えていたのだが、「イミグレ」(入国審査)を越えたところでアッと驚いた。

エミレーツ航空御用達の第3ターミナルは、バゲージクレーム(荷物受け取りの場所、レーン)が実に14本も並んでいる。はるか彼方の税関カウンターまで、見渡す限りレーンが続いている。これでは、成田発便のレーンを探し当てるのも一苦労である。

1日6つのG1!いざ「ドバイワールドカップデー」へ

荷物が出てくるのを待っている人たちの中に、なんと「大魔神」佐々木主浩氏を見かけてしまった。ドバイワールドカップ見学ツアーに参加した筆者は、馬主さまと一緒のフライトであったのだ。そういえば佐々木氏の持ち馬、ヴィブロスは昨年のドバイターフ杯の覇者であった。賞金は確か4億円と記憶しているが、今年はどうなんだろう。2月の中山記念は8着に終わっていたからなあ…。

朝のメイダン競馬場でブッフェを。「異国のお寿司」もおつなものだ(筆者撮影)

空港で集合したツァー参加者一行は、旅行会社の計らいでそのままメイダン競馬場へ直行とあいなった。

”Breakfast with the Stars”という企画で、全世界から集ったホースメンが競争馬の最終調整やメディア対応にいそしんでいる側で、ファンの方々は競馬場でゆったり朝ご飯をどうぞ、というのである。

3月のドバイでは、朝の空気は意外とひんやりして気持ちがいい。ブッフェ形式のメニューには鮨もあったりする。うむ、これは結構。府中や中山でも、ファン拡大のために是非こういうのを試していただきたい。ちなみに今度は、藤沢和雄調教師を目撃してしまったぞ。

3月の最終土曜日はドバイワールドカップデー。世界最高賞金のレースがメイダン競馬場で行われる。1日に6つも国際G1レースがあって、全世界の有力馬が集まってくる。近年は日本馬の活躍が目覚ましく、今年は実に14頭も参戦する。一度は行ってみたいなあ、それに俺、中東って行ったことないし…。

次ページ本当にイスラム圏?メイダン競馬場はビールも無料!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。