300万人のドバイが観光収入3兆円を稼ぐワケ

ド派手なドバイワールドカップに行ってきた

気持ちは日本馬でも、馬券は外国馬から買ってみた。結果はすでにご承知の通り、今年は日本馬の優勝はなかった。それどころか、7R、8R、そして9Rのドバイワールドカップまで、3レース全部もっていったのが国王陛下のゴドルフィン所属馬であった。日本人客の間からは、「これは八百長じゃねえのか?」「いや、“忖度”かもしれないぞ」などいう声が飛び交っておりましたな。

「だったら、お前は当てたのか」って?残念ながら、筆者も総外れであった。いやはや、ヤケ酒で飲むビールのなんと旨かったことよ。

そして会場はいよいよフィナーレ。三菱電機特製のオーロラビジョンにはド派手な映像が流れ、移動式の舞台ではダンサーたちが踊りまくり、夜空には何百発もの花火が打ちあがる。

ド派手なフィナーレ。「エンターテインメント産業」としての競馬を見た(筆者撮影)

いやはや、これぞ夢の世界。たとえ馬券を売っていなくても、まことに贅を尽くした競馬の祭典である。これからの観光産業、エンターテインメント産業というものは、こういう国際競争を勝ち抜いていかねばならないのか。

「ジャパンワールドカップデー」の創設を

 日本の競馬界も、もっと国際化を目指していくべきなのではないだろうか。外国馬や外国のファンを日本に呼ぶ機会をもっと増やしてほしい。秋のジャパンカップも国際招待レースとは言いながら、近年では外国馬の参戦が減り、日本馬が勝つのが当たり前になっている。「その方が予想しやすいから助かる」などという声もあって、恥ずかしながら筆者もそんな風に思ったものである。

この際、ジャパンカップの日にエリザベス女王杯とチャレンジカップとスプリンターズステークスあたりを合流させて、1日にG1を4レース集める「ジャパンワールドカップデー」を作れないものだろうか。日本競馬界挙げての「おもてなし」で、世界の競馬ファンとホースメンの心をわしづかみにしてみたいものである。

次ページ競馬予想コーナーへ。3歳牝馬クラシック、桜花賞の勝ち馬は
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT