日本の会社員がやたら疲れている根本的理由 仕事中、「フロー状態」に入れていますか?

印刷
A
A

グーグルでは、社員自身が生産性を高く維持できるよう、4つの方面からの取り組みをしています。

それは、

① 体のエネルギー(physical energy)

② 感情のエネルギー(emotional energy)

③ 集中のエネルギー(mental energy)

④生きることの意義からくるエネルギー(spiritual energy)

というものです。人間のエネルギーにはこの4つのレベルがあると考え、それぞれ整えていくのです。

加えて組織としては「心理的安全性」も、フローを高めるために重要な役割を果たしていると考えられます。

フローとは何か

職場での仕事に限らず、趣味や何かの作業に没頭していて、気づくと何時間も経っていた……。そんな経験をしたことは誰にでもあるでしょう。この状態のことを、心理学用語で「フロー」と呼びます。

「フロー」を学際的に研究しているシンギュラリティ・ユニバーシティのFlow Genome Projectによれば、フロー状態に入ることで、

・創造性・課題解決能力は4倍になる
・新しいスキルの学習スピードが2倍速になる
・ モチベーションを高める5つの脳内物質(ノルアドレナリン、ドーパミン、エンドルフィン、アナンダミド、オキシトシン)が放出される
・痛みや疲労を感じなくなる

としています。つらいつらいと感じながら長時間働いていては疲れますが、フロー状態に入ることで「疲れずに」「短時間で」「高いアウトプット」を得られるようになるのです。

しかし、FlowGenomeProjectのスティーブン・コトラー博士の研究によれば、平均的なビジネスマンは1日のうち5%程度しかフローに入っていないそうです。

スティーブン・コトラー博士は、仮に1日のうち15%、フロー状態に入ることができれば、5%の場合に比べて、「仕事の生産性は2倍に上がる」と述べています。

したがって、いかにして邪魔されずフロー状態に入れる状況をつくれるかが、私たちの生産性を高めるために大事なことになってくるのです。

次ページフロー状態に入るには?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT