アラフィフ女性がポーランド移住で得た人生

日本人は暗いイメージを持つかもしれないが

たとえば、ワルシャワの歯科医で奥歯を抜歯したときは、全額自腹で支払っても6000円程度だった。友人の紹介だったので割り引きがあったが、それがなくても1万円程度で収まる金額だった(治療内容や病院によって差はある)。

熟考し「やはり移住したい」となったものの、20年前に断念した過去がある。そこで、まず2カ月間お試し滞在をすることに。幸い、“ポンチュキ・コネクション”のおかげで、ポーランド人の友人の留守宅をリーズナブルな値段で借りることができた。

最後の一歩を踏み出すことにした

この2カ月間は「行く先々、どこに行っても友達ができる」という日々だった。本来、人づきあいは得意な方ではないが、年齢、国籍、実にさまざまな人たちと仲良くなることができた。そこで「日本での日常とポーランドでの2カ月間は何が違うのだろう」と考えてみたところ、自分の在り方が違うのだと気づいた。

何せ大好きなポーランドにいて、ポーランドのすべてを「吸い込んでいる」のである。ハッピーじゃないわけがない。さらに、ポーランドのことをもっと知りたいと思っているため、精神的にオープンな状態で、他人と打ち解けやすくなっていたのだろう。

ポーランド最長の川・ヴィスワ川。沿道には夏になると屋外クラブやカフェなどがこぞってオープン。昼間から真夜中まで楽しめる(筆者撮影)

日本でイベントを開催していたときも痛感したことだが、自分1人でできることには限りがある。海外に暮らす場合も、困った時に助けてくれる友人がいるか、楽しみを共有できる友人がいるか、そういう人脈を築いていけるかが重要だ。30歳の時の自分は、それを構築することができなかった。でも今、この国でなら、なんとかやっていける。そう考えて、最後の一歩を踏み出すことにした。

それから1年。実際に暮らしてみた感想を一言でいうと「すごく楽しい。そして大変」。恋焦がれた国に暮らしているのだから、楽しくないわけはない。ポーランド語のクラスで「初恋について書け」という宿題が出たことがあったが、そんな昔のことは覚えちゃいない。

そこで「初恋に関してはプライベートな問題なのでノーコメント。ただし私は、ポーランドが好きで好きでここに来た。だから今、毎日恋人の傍らで眠っているようなものである」と書いて提出したところ、先生がいたく感動していた(ポーランド語力不足のため、正しく伝わっていない可能性はあるが)。

次ページポーランドの魅力とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT