アラフィフ女性がポーランド移住で得た人生

日本人は暗いイメージを持つかもしれないが

53歳にしてポーランド移住を決めた理由は?(筆者撮影)

昨年、長年住んだ東京を離れ、単身でポーランドに移住した。20代、30代なら海外移住なんて珍しくもないだろうが、なんと53歳での決断。50歳を超えて人生の礎をもう一度築こうというのである。「早期リタイアして海外でのんびり余生を過ごす」なんて優雅なものでは到底なく、ポーランド人のパートナーやボーイフレンドがいるわけでもない。加えて安定した収入源があるわけでもない。

「ないない尽くし」の筆者が、移住を決めた理由はズバリ「ポーランドが好きだから」(なぜ好きなのかは後述する)。人生100年時代と考えても、残りの方が少ない。それでも、50歳になろうが、60歳になろうが、明日は来るし、夢を追うのに定年はないだろう。

ポーランド人の知り合いを増やすために

実は過去にも海外移住を試みたことがある。漫然と海外に住みたいと考え、とりあえず英語の勉強を始めたのが26歳ごろ。そして、30歳の時、気候、物価、ビザの取りやすさなど条件面から選考し、オーストラリアに行くことに決めた。しかし、通算1年ほど滞在して帰国。ジョブ・オファーもあったので望めばもっと長くいることはできたが、ずっとこの国に住みたいと思うほど好きになれなかったのが理由だ。

それから二十余年。完全に海外移住をあきらめたわけではなかったものの、さすがに50歳を過ぎて実行することになろうとは、我ながらビックリである。しかも、その行き先がポーランドになろうとは……。

最初にポーランドを訪れたのは2013年にさかのぼる。当初ストックホルム(スウェーデン)とコペンハーゲン(デンマーク)の友人宅を訪ねるはずが予定変更となり、たまたま私の旅行計画を知ったポーランド人の友人からワルシャワを勧められたのがキッカケだった。

この旅を機に、ポーランドへの関心が高まる。音楽や歴史、文化、経済、映画など東京で開催されるポーランド関連のイベントには手当たり次第に参加した。これらのイベントは大いに勉強になったものの、基本的には日本人向けであるためポーランド人が少ない。もっと多くのポーランド人と知り合う方法はないか……と思いついたのが、イベントを自分で開くという「荒技」だった。

次ページイベントを開いてみると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
金利・為替・企業業績を検証<br>暗転する世界経済

8月の金融市場は波乱の展開となった。市場の不安心理を増幅する、貿易の不均衡をめぐる米中対立は激化の一途だ。懸案はそれだけではない。日本や欧州も含め、金利、為替、株、金価格、日本の企業業績など、影響を幅広く検証する。