子どもがしっかり眠るには「暗闇」が必要だ

少なくとも寝る1時間前には光を避けたい

目に光を取り込む水晶体は、年齢を重ねるにつれてそれに含まれるタンパク質が蓄積され、濁る。そのため40代になると眼の中に入ってくる光の量は減る。

ボストン小児病院の睡眠療法のディレクター、ジュディス・オーウェンによると、就学前の子どもは、「成人に比べてメラトニンの分泌が早い」という。

9時前にはベッドに入らせることが重要

「重要なポイントのひとつは、親が子どもたちが寝る前に非常に明るい光にさらされないようにすることだ」と、アカセムは言う。この研究が基礎となって研究が進めば、親に対してより具体的な助言ができるだろうと彼女は言う。

光に対する過敏さが子どもの行動に与える影響にも注目すべきだとアカセムは指摘する。ルブルジョアによると、子どもはメラトニンの分泌が抑制されると、疲れて、神経が高ぶったようになるとみられる。「子どもたちは疲れているのに、体内時計は眠りを促進するように松果体に信号を送らない」

子どもの就寝時間の1時間前には、親たちは洞窟のような環境をつくるといいだろう。寝室では天井の明るいライトは消して、明るさを調節できるスイッチを使うといい。「光を暗くすることで、メラトニンのレベルが自然な状態に上昇する」とアカセムは言う。

オーウェンは、常夜灯は床に近い位置に取り付け、明るい光が直接目に入らないようにするといいとアドバイスする。また、就学前の子どもは週末も含めて毎日決まった時間に就寝させ、必要な量の睡眠がとれるように9時前にはベッドに入らせるようにすることが重要だと強調する。

ルブルジョアは言う。「これは大人にとっても就学前の子どもにとっても広く見られる問題であり、光が鍵を握るだろう」

(執筆:Perri Klass記者、翻訳:中丸碧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT