シンパで固めたトランプ政権の暴走が始まる

いよいよ真のトランプ劇場が稼働

気の合わない閣僚を根こそぎクビにしたトランプ大統領(写真:Kevin Lamarque/ロイター)

電撃的な米朝首脳会談の決定や、中国に対する貿易制限措置の発動など、ドナルド・トランプ米大統領発の衝撃的なニュースが後を絶たない。単独でも歴史的な大事件が次々と発生する現状に、米国のみならず世界が右往左往している。

「(トランプ大統領は)楽しんでいるはずだよ」

トランプ政権誕生の立役者といわれるスティーブ・バノン前首席戦略官は、未曾有の混乱をこのように評価する。トランプ大統領にとって、自由気ままな言動で混乱を巻き起こし、世界の注目を一身に集めている現状は、政権運営の主導権を取り戻した証拠に他ならない。ロシア疑惑の調査などで、専ら逆風にさらされていた時とは趣が違う。

ついに「自分好みの政権」になった

トランプ大統領の気ままな言動を可能にする仕掛けが、大胆な人事刷新である。ゲイリー・コーン前経済会議委員長やハーバート・マクマスター前安全保障担当大統領補佐官など、トランプ大統領に正面から反論できる重みのある人たちは、追われるように政権を去った。豊富な国際経験を持ちながら、トランプ大統領と意見や気質が合わなかったレックス・ティラーソン前国務長官は、ツイッターで解任を知らされた。

後任の選出は、トランプ大統領自らが指揮を執る。その狙いは、「自分好みの政権」に作り替えることだ。国家経済会議委員長の後任をラリー・クドロー氏に打診したのは、トランプ大統領の独断だという。政権の人事に責任をもつジョン・ケリー首席補佐官がクドロー氏と面会できたのは、大統領による打診から1週間も後のことだった。

トランプ大統領が求めるのは、自らの方針を忠実に実行に移すスタッフであり、メディアでトランプ大統領の業績を称える広告塔である。ティラーソン長官の後任に指名されたマイク・ポンペオ中央情報局(CIA)長官は、トランプ大統領と気脈を通じていることで知られる。クドロー氏やマクマスター補佐官の後任に選ばれたジョン・ボルトン氏については、コメンテーターとして活躍する両氏のテレビ映りの良さを、トランプ大統領が評価しているようだ。

鎖から解き放たれたように、トランプ大統領は自らの直感を行動に移している。ロシア疑惑を捜査するロバート・モラー特別検察官へのツイッターでの名指しの批判(3月18日)や、ロシアのウラジミール・プーチン大統領への再選を祝す電話(3月20日)などは、いずれも側近の助言を無視した行動だったといわれる。3月23日には、トランプ政権との協議のうえで議会が可決した2018年度予算に、藪から棒に拒否権を発動する意向を示し、ジェームズ・マティス国防長官等が、慌てて説得に乗り出すドタバタ劇もあった。

解き放たれたトランプ大統領は、持論である「米国第一主義」を、これまで以上に推し進めようとするだろう。発足から1年強を経て、いよいよ真のトランプ政権が稼働しようとしている。

次ページトランプ政権発足後との決定的な違い
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?