朝ドラ「わろてんか」が訴えてきた笑いの本質

プロデューサー&脚本家が作品を振り返る

葵わかながヒロイン役を演じる「わろてんか」は3月31日が最終回となる (写真:NHK)
現在放送中のNHKの朝の連続テレビ小説「わろてんか」の放送もいよいよ3月31日までとなり、物語は佳境に向かっている。「人生には笑いが必要だ」という哲学のもと、ヒロインのてん(葵わかな)が日本で初めて”笑い”をビジネスにした女性と言われるまでを描き出している。
吉本興業の礎を作り上げた吉本せいがモデルとなったと言われている本ドラマ。このドラマに流れる思いとはどのようなものなのか。本ドラマの脚本を手がけた吉田智子氏、プロデューサーの後藤高久氏に話を聞いた。

​――吉本興業の歴史がうまく再構築されていて、非常に興味深く観たのですが。

後藤:これは吉本興業さんとは別の物語でして(笑)。ある種のモデルにはしておりますが、実際の吉本せいさんのエピソードもすべて使っているわけではなく、オリジナルの部分も多いです。ただし吉本せいさんのご親族の方には、「こういう形で作りますよ」と、お話に行きました。

吉本興業さんそのものを描いたドラマというわけではなく、あの時代に吉本せいさんがどのように生き、大阪を笑いの都と呼ばれるまでにしたのか、というエピソードは、このドラマでもいくつか使わせていただきました。それについてご納得をいただいたという感じです。

日本の芸能史をひもとく作業

――吉本興業の大﨑洋社長は、お笑いの会社を朝ドラで扱ってもらったことに、時代の流れを感じるとおっしゃっていました。社内の方々もドラマに注目されているようです。

後藤:それは嬉しいですね。大阪の芸人さんにも多く出ていただきましたが、やはり自分たちがやっている演芸は、以前はこうだったんだと、その歴史に感激してもらっている。ある種の日本の芸能史のようなものを描くということに意味があるのかなと思っています。

吉田:そこは真摯に取り上げていったつもりです。

次ページ「家族」や「仲間」の話を描きたかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。