「家族のスマホを覗く」はアリか?ナシか?

「愛人」のプライバシー侵害にもなるので注意

恋人のスマホの中身を無断で見るのは、民事的には、アウトです(写真:Ushico / PIXTA)
こんにちは、弁護士の宮川舞です。世の中を渡っていくうえで不安になるときはよくありますが、それは、大体、「何かよくない気がする(よくないことが起こりそうな気がする)、でも何がよくないのか自体はよくわからない」ときです。そんなときの道標の1つとして、「なんとなくアリかナシかはわかるんだけど、実際のところ法的にはどうなの?」ということをお話しできればと思います。

自分の子どもや配偶者、恋人のスマホの中身、特にSNSのやり取り、気になりますよね。「見ちゃいけないよな、でもそもそも疑いを持たせるほうが悪いんじゃないの」という気持ちの葛藤。法律相談でも、「夫のスマホのLINEやメッセンジャーをスクリーンショットで撮影した証拠があります。この内容、浮気の証拠になりますか?」と聞かれることがあります。

この問題、子ども(未成年)の場合と、配偶者、恋人、友人の場合とでは、法的にはちょっと考え方が違うのです。

親が子どものスマホを見るのは「アリ」

“自分の子ども(未成年)のスマホの中身を無断で見る”のは、原則セーフ。法的には、親が未成年の子どものスマホについて中身を無断で見るのは、原則的には問題ありません。

それは、民法818条1項で、未成年の子どもは父母の親権に服することになっているからです。親権って、わかるようでわからない言葉ですよね。未成年の子どもを保護し育て、適切な教育をする権利義務と思ってください。

子どもを保護し育て、適正な教育をする権利義務のために必要なことはやっていいということになりますから、子どもの交友関係で心配なことがあるなど、未成年の子どもの保護のために子どものスマホを見ることが必要な場合には、親権の範囲内として問題ないということになります。

ですが、親権があるからといって、どんなことでも未成年の子どもにしてもいいというわけではありません。親権があってもそれを濫用すること、つまり親権をそのもともとの目的と異なるものに使うことは許されませんから、この点は要注意です。

次ページ配偶者や、恋人のスマホの場合…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT