企画がイマイチな人が知らないネタの集め方

ヒット玩具「∞プチプチ」はこうして生まれた

今そこにあるヒットネタをあなたは捨てていませんか?(写真:kokoroyuki/iStock)  
大手玩具メーカー・バンダイでエアパッキン(いわゆるプチプチ)の感触を再現したおもちゃ「∞(むげん)プチプチ」を生み出すなど、数々のヒットアイデア玩具の商品開発に携わってきたクリエイター・高橋晋平氏。現在は独立し、さまざまな企業の企画ブレーンを務めるほか、チームを育成しつつ新商品を立ち上げる「企画チームビルディング」に従事するなど、いろいろな形でモノ・コトづくりに携わっている。
そんな高橋氏が近著『一生仕事で困らない 企画のメモ技(テク)』(あさ出版)で、普段から実践している「自分の欲求を発見しメモする方法」を使った、「人に求められる企画をつくる技」を初公開。今記事では本から抜粋し、何気ない日常に潜む「多くの人に求められるネタ」を見つける方法を解説する。

商品が並んでいる売り場はネタの宝庫

企画を考えるにあたり大切なのがネタ集めです。僕は日ごろから企画のネタになりそうなものを「ネタ帳」にメモするようにしています。その具体的なやり方は、一番大事なのは自分が欲しい、使いたい、買いたい、知りたい、などと思うような、『欲』を感じさせるモノコトをメモすることです。

なぜなら自分が欲しいと感じないものは、どんなに練り込み、考えに考えても、大ヒットする企画にはならないからです。

その『欲』を感じさせるモノコト=ネタを探すのに、Webや雑誌、新聞などのいわゆる情報メディアと同じくらい、僕が活用しているのが「お店」です。いろいろな店舗を観察することから得られる情報量は膨大です。お店は、商品を売るために存在しています。

次ページお店で何をするか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT