メルカリで抜群に売れる商品の写真撮影テク

大事なのはちょっとした知識の積み重ねだ

「センスがない」とあきらめていませんか?(写真:Ushico / PIXTA)
「一眼レフで撮れば、劇的にすごい写真が撮れるはず!」
そう思って一眼レフのデジカメを手にしてみたものの、「撮ってみたら何か微妙……」。そんな経験はありませんか?
「一眼でもうまく撮れない人が知らない3常識」(2月25日配信)に続いて、カメラ挫折経験をもつイラストレーターのこいしゆうかさんが、写真家の鈴木知子先生に学びながら、カメラを上達していく様子をコミックでまとめた『カメラはじめます!』から、写真のコツを紹介します。

写真の撮り方で、売れるか売れないかが決まる

フリマアプリで誰でも簡単にものを売ったり、買ったりできる時代。中でもメルカリは、その代名詞とも言えるほどの知名度と人気を誇っています。扱っている商品のジャンルは多岐にわたり、出品までの流れもシンプルなため出品自体のハードルはそれほど高くはないと言われています。

問題は、自分が出品した商品が「ちゃんと売れるか」ではないでしょうか。

メルカリで購入を検討している消費者が判断基準の一つにしているのが、「商品の写真」でしょう。同じ商品でも、写真の撮り方一つでお客さんの反応は大きく違うもの。つまり、商品の魅力を最大限に引き出す写真が撮れれば、より商品は売りやすくなると言っても過言ではないでしょう。

次ページ売れる商品写真に欠かせないものとは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。