スマホ中毒から脱するにはどうしたらいいか

アップルも真剣に考え始めた?

そして、私たちはどうすべきなのだろう。

テクノロジー依存症は、大気汚染や煩わしいオンライン広告のように、関係者の入り組んだ動機によって生じた問題だ。あなたの関心を引き付けておカネを稼ぐ企業、つまりフェイスブックやインスタグラム、スナップチャットなど、広告収入に支えられている企業は、あなたをもっと自分たちのサービスのとりこにしようと、スーパーコンピューターを扱う従業員を大勢雇っている。

もちろん、それらの企業に対しては、もっと倫理的に行動するよう求めなければならない。一方のフェイスブックも、ユーザーの健康や幸福感を向上させるためなら、収益を減らしても構わないと言う。しかし、彼らが本当に利益を抑えることができるのかは疑わしい。

政府の規制やユーザーによる自制も、多少の力にはなるかもしれない。だが、前者は実現する可能性が低く、後者は不十分だ。では、ほかに誰がいるのか。

新たな技術の時代に入ろうとする時、いつも同じ会社が登場するように思う。それはアップルだ。

今年1月、アップルの大株主2社が公開書簡で、同社製品の子どもへの影響についてもっと対策を取るようアップルに求め、私はこれをきっかけにアップルの責任について考えた。最初は、この公開書簡も売名行為のようなものだと思った――もし子どもとテクノロジーの関係について心配するなら、フェイスブックの責任を追及するべきではないか。

だが、何人もの専門家と話してみると、彼らも前述の株主と同意見だった。彼らによると、デジタル広告ビジネスの行き過ぎに関しては、もちろんアップルに責任はない。だが、アップルには顧客の幸福についての道義的責任があるし、事業的な利益も絡んでくる。

アップルは広告で稼がない

そしてもう1つ、アップルがテクノロジー依存症に取り組むべき大きな理由がある。それは、同社ならこの問題を見事に解決できる可能性がある、ということだ。

「いまこそ、アップルが関与すべき時だと思う」とトリスタン・ハリスは言う。ハリスはグーグルでデザインや倫理に携わり、現在はテクノロジーの社会への影響を改善することを目指す、タイム・ウェル・スペントという組織を運営している。彼は「実際のところ、アップルにしかできないかもしれない」と話す。

次ページアップルのビジネスモデルは…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT