スマホ中毒から脱するにはどうしたらいいか

アップルも真剣に考え始めた?

こうした依存症を防ぐ試みは、ユーザーが押しつけがましいと感じる危険もある。しかし、だからこそアップルが力を発揮できるとも言える。依存性の低いスマホの開発には、インターフェイスのデザインの問題が大きく絡んでくるが、それこそアップルの得意分野だからだ。

また、アップルはマーケティングが得意な企業でもある。だから、人々がiPhoneやiPadの電源を切ってそれらからしばらく離れるような、イメージ的な広告をたくさん作れるのではないかと思う。すでに、同社のアップルウォッチのマーケティングでは、電話を手元に置かないで済むことを自慢している。

キャンペーンで、もっと意識的にテクノロジーを利用すれば効果が生じると訴える。それをうまく行えばキャンペーンは利己的なものには映らず、反対に、アップルの最も優れた部分が見えるものになるだろう。つまり、冷たく非人間的なこともある業界の中で、人間らしさに気を配る企業として見られるのである。

実際に対策を準備中

「テクノロジーとどうやって付き合うかは、今後半世紀の文化的な課題となるだろう」と、ジェームズ・スタイアーは言う。スタイアーは、子どもがメディアにどう影響されるかを研究する非営利団体、コモンセンス・メディアのCEOだ。

スタイアーは、アップルの関与について機は熟しているという。「これは誰もが気にかけている問題だ。共和党員でも民主党員でも、リベラル派でも保守派でも、サンフランシスコの住民でもミシシッピ州ビロクシの住民でも。なぜなら、人間の関心を奪い合う軍拡競争に、自分の子どもが巻き込まれていることが皆わかっているからだ」。

アップルが1月に発表した文書では、同社は「自社の製品がどう使われ、ユーザーやその周囲の人々にどう影響を与えているかについて」深く関心を寄せているとした。そして、依存症に対応するいくつかの機能を準備中だと述べた。

アップルは今後の製品についてはめったに語らず、私が電話で質問した時も具体的な話をしなかった。同社が壮大なものを準備していることを期待しよう。

(執筆:Farhad Manjoo、翻訳:東方雅美)

© 2018 New York Times News Service

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT