スマホ中毒から脱するにはどうしたらいいか

アップルも真剣に考え始めた?

まず、アップルのビジネスモデルはテクノロジー依存症に支えられてはいない。同社の稼ぎのほとんどは、たっぷりとマージンを取って高価な機器を販売するところから生じている。たしかに、スマホを便利にして、次のスマホも買ってもらうようにはしなければならない。しかし、消費者がスマホを購入して、いくつかサービスに加入した後は、同社としてはユーザーがそれを使い過ぎるほど使わなくても構わないのだ。

このように、アップルは広告ビジネスには加わっていないものの、それに大きな影響を及ぼしている。テクノロジー企業はiPhoneやiPad上で事業を行わなければならないが、アップルはその全員に対してルールを設定できるのだ。

アップルがオペレーティング・システムとアプリストアを1回アップデートするだけで、ユーザーをアプリに釘づけにするために行われる通知やモニターなどのうち、最も行き過ぎたものを阻止することができる(たとえば、過去には広告ブロックが認められた)。そして、ほかのスマホメーカーはアップルの発明を真似ることが多いので、アップルがスマホ依存を抑制するたびに、同様の行為は広がっていく。

「使い過ぎ」を注意するスマホ

ハリスはアップルがどんな形で中毒性の低いスマホを作れるか、いくつかアイデアを提案してみせた。まずは、ユーザーがスマホをどのくらい使っているか、ユーザー自身にフィードバックをすることが考えられるという。

たとえば、週に1回、どのようにスマホを使ったか、ユーザーにリポートを送る。ちょうど、アクティビティー・トラッカー(活動量計)が、先週あなたがどのくらい座りっぱなしだったかを教えるような感じだ。ちょっとした警告をすることもできるだろう。「あなたは先週、週の半分をツイッターを見て過ごしました。それで本当にいいんでしょうか?」といった具合だ。ユーザーに力を貸すこともできるかもしれない。「来週、もしあなたがスナップチャットに時間を使い過ぎていたら、そのことをお知らせしましょうか?」。

別のアイデアとしては、よりきめ細かく通知を行えるようにすることが考えられるという。現在は、アプリのアラートは融通が利かず、アラートを送る設定にするとしょっちゅうスマホが鳴るようになる。

通知にある種の優先レベルを設定するよう、アップルがアプリ側に求めることをハリスは提案する。「たとえば、通知レベルを3つにする。ヘビーユーザー、一般ユーザー、ライトユーザーなどだ」。

ハリスは言う。「そして、デフォルトの設定を中間レベルにしておく。それだけで、ユーザーがアラートに対応するエネルギーを、大幅に減らせるようになる」。

次ページ得意のマーケティングも生かせる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT