確定申告で配当課税の一部を取り戻す方法

大半の人は税率が20.315%だと思っている

配当にかかる税率は20.315%だと決めつけていませんか? 確定申告で一部が戻ってくる可能性も(写真:よっし/PIXTA)

3月に入り、ようやく落ち着きそうな気配もある日本の株式市場。2月は平昌五輪といい、記憶に残る月となったが、カリスマ投資家の内田衛氏はどんな取引をしていたのだろうか。どうやら年度末を控え、優待株のチェックに余念がなかったようだ。確定申告に関する貴重なアドバイスもぜひ参考にしてほしい。

やっぱりNISA枠は年初に使ったほうがいい?

【2月13日 火曜日】NY(ニューヨーク)ダウは、410ドル高の2万4601ドルと大幅高。日経平均株価は、250円高の2万1633円で寄り付いた。11時26分に296円高の2万1679円の高値をつけたが、後場から下げに転じて、大引けでは137円安の2万1244円と下げてしまった。

この連載の一覧はコチラ

戻り待ちの売りに押され、まだ弱い日本株式市場といった感じだ。今日はNISA(少額投資非課税制度)の日、毎年、枠いっぱい使っており、今年はすでに99万6000円使っていて残りは20万4000円。枠があるからといって高いのに無理して買う必要はないが、年末頃になってから枠を消化するのに使うよりは、なるべくなら年初に使ったほうがいいと思う。その理由は、3月、9月に多い配当金が非課税となるから。12月に買ったのでは翌年の配当からしか非課税にできない。

優待保有銘柄のシダックス(4837)が、29円高の519円の高値引けで年初来高値を更新。

17時半、1ドル=107.62円とドル安円高が進む。17時半、日経225先物のナイトセッションでは、220円安の2万0950円と2万1000円割れ。仮想通貨取引所のコインチェックは、円資金の出金手続きができるようになった。

【2月14日 水曜日】日経225先物は、20円高の2万1190円、NYダウは、39ドル高の2万4640ドルと3日続伸。内閣府によればGDPが8期連続プラスで28年ぶり、昨年の10月から12月では実質年率0.5%増と報道。

次ページすかいらーく株が暴落した!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT