「ヤフオク」のシステム変更は改善が足りない

「落札者に優しく」は評価するが…

カリスマ投資家の内田衛氏は「ヤフオク!」も良く利用するが「もっと使いやすくなるはず」と言う(写真:node/PIXTA)

個別株はともかく、大型株がそろう日経平均株価は桜の咲く季節になってもイマイチ。カリスマ投資家の内田衛氏も、高利回りの上場リートや中小型株は総じて順調だったものの、やっぱり大型株はイマイチだったようだ。そんななか、制度を変更した「ヤフオク!」に対して厳しい意見を持っているようだ。いつものように「株日記」で振り返ってみよう。

【2月26日 月曜日】2月権利落ち日。保有銘柄では、ビックカメラ(3048)が8円高の1625円、日本BS放送(9414)が、15円高の1370円と逆行高。日経平均株価は、260円高の2万2153円と続伸。

保有している上場リートが年初来高値更新!

この連載の一覧はコチラ

【2月27日 火曜日】日経225先物は、170円高の2万2390円、NYダウは、399ドル高の2万5709ドルと大幅高。10時04分、保有銘柄のトーセイ・リート投資法人(3451)は、1000円高の11万2600円を付け、1月18日に付けた11万2400円を超え、年初来高値を更新した。

トーセイ・リートは、上場リート59社中、分配金利回りランキング4位で6.08%(3月9日現在)の高利回りリートで、20口保有中。また、老舗コーヒー商社の石光商事(2750)が、11円高の680円を付け、年初来高値を更新した。15時、自動車部品(キーセット)のアルファ(3434)が、3月期末配当を15円から25円に増配すると発表した。9月中間で15円配当しているので、年40円配当となる。本日の終値は、17円高の1906円。日経平均は、236円高の2万2389円と3日続伸。

【2月28日 水曜日】日経225先物は、170円安の2万2210円、NYダウは、299ドル安の2万5410ドル。

9時31分、昨日増配を発表したアルファを94円高の2000円で100株売り、1万9352円の利益確定。買いは、2月14日にナンピン買いした1800円で。終値は伸び悩み、36円高の1942円。鉱工業生産(1月)は、6.6%低下で4ヶ月ぶりマイナスと報道。日経平均は、321円安の2万2068円と4日ぶり反落。日経平均の月足は、6カ月ぶりのマイナス(1030円安)となった。

次ページついに「投資家注目の連続記録」が途切れてしまった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT