「ヤフオク」のシステム変更は改善が足りない

「落札者に優しく」は評価するが…

カリスマ投資家の内田衛氏は「ヤフオク!」も良く利用するが「もっと使いやすくなるはず」と言う(写真:node/PIXTA)

個別株はともかく、大型株がそろう日経平均株価は桜の咲く季節になってもイマイチ。カリスマ投資家の内田衛氏も、高利回りの上場リートや中小型株は総じて順調だったものの、やっぱり大型株はイマイチだったようだ。そんななか、制度を変更した「ヤフオク!」に対して厳しい意見を持っているようだ。いつものように「株日記」で振り返ってみよう。

【2月26日 月曜日】2月権利落ち日。保有銘柄では、ビックカメラ(3048)が8円高の1625円、日本BS放送(9414)が、15円高の1370円と逆行高。日経平均株価は、260円高の2万2153円と続伸。

保有している上場リートが年初来高値更新!

この連載の一覧はコチラ

【2月27日 火曜日】日経225先物は、170円高の2万2390円、NYダウは、399ドル高の2万5709ドルと大幅高。10時04分、保有銘柄のトーセイ・リート投資法人(3451)は、1000円高の11万2600円を付け、1月18日に付けた11万2400円を超え、年初来高値を更新した。

トーセイ・リートは、上場リート59社中、分配金利回りランキング4位で6.08%(3月9日現在)の高利回りリートで、20口保有中。また、老舗コーヒー商社の石光商事(2750)が、11円高の680円を付け、年初来高値を更新した。15時、自動車部品(キーセット)のアルファ(3434)が、3月期末配当を15円から25円に増配すると発表した。9月中間で15円配当しているので、年40円配当となる。本日の終値は、17円高の1906円。日経平均は、236円高の2万2389円と3日続伸。

【2月28日 水曜日】日経225先物は、170円安の2万2210円、NYダウは、299ドル安の2万5410ドル。

9時31分、昨日増配を発表したアルファを94円高の2000円で100株売り、1万9352円の利益確定。買いは、2月14日にナンピン買いした1800円で。終値は伸び悩み、36円高の1942円。鉱工業生産(1月)は、6.6%低下で4ヶ月ぶりマイナスと報道。日経平均は、321円安の2万2068円と4日ぶり反落。日経平均の月足は、6カ月ぶりのマイナス(1030円安)となった。

次ページついに「投資家注目の連続記録」が途切れてしまった
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
RIZAPがプロ経営者招聘<br>目指すは「会社の肉体改造」

経営のプロ、松本晃・カルビー前会長がRIZAPグループCOOに。自身の息子と同年齢の創業社長との異色タッグで成長にコミット。M&Aで事業規模を急拡大してきた同社は変わるのか?