恐るべき大器晩成「北条早雲のすごい生き様」

50歳過ぎて無名の武人から戦国武将に急成長

北条早雲とは、いったいどんな人物だったのか(写真:ジャトコ / PIXTA)
40代が近づくと「ああ、そろそろ人生も後半かな」などと感じる人もいるかもしれません。ですが、今は人生100年時代。まだまだ未来の可能性は無限にあります。
それを体現しているのが、北条早雲。今よりもずっと寿命の短い戦国時代において、なんと55歳から活躍をはじめて戦国大名になったという超大器晩成の人物です。
もちろん現代とは「時代が違う」わけではありますが、彼の生き方には今にも通じる普遍的な「大器晩成のヒント」がちりばめられています。北条早雲とは、いったいどんな人物だったのか、『超訳 戦国武将図鑑』などの著書を持つ富増章成氏が解説します。

無名の人物から最初の戦国大名となった北条早雲

【3月5日13時45分追記】本記事初出時、早雲が扇谷上杉家と山内上杉家の両上杉家を滅ぼしたとしておりましたが、扇谷上杉家は早雲の孫の氏康が滅ぼしており、山内上杉家は関東から追い出されましたが厳密には滅亡しておらず、長尾景虎を頼って逃れています。お詫びして訂正いたします。また早雲の出自については諸説あり、その旨追記しました。

定年やら年金やらに思いを馳せたり、急に新しいこと(英会話など)を始めては挫折したり……。40代以降というのは迷走しがちな、なかなか難しいお年頃です。しかし、北条早雲は、55歳になってからメキメキと力をつけていき、なんと無名の武人(室町幕府に仕えた官僚だったなど、諸説あります)から、戦国大名になった人物です。今でいえば、平社員がいきなりベンチャー社長になり、あっという間に成功、関東圏を制覇したというような感覚でしょうか。

しかし、40歳までは何をしていたのか。また、その出自も諸説ある人物です。もともとは伊勢新九郎(いせしんくろう)、宗瑞(そうずい)という名でした。ちなみに、鎌倉時代に執権の北条氏が権力を握りましたが、その「北条」とはなんの関係もないので、「後北条氏(小田原北条氏)」といって区別されています。

次ページ地味に暗躍するタイプの戦国武将
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?