恐るべき大器晩成「北条早雲のすごい生き様」

50歳過ぎて無名の武人から戦国武将に急成長

奇策によって小田原城を制覇した北条早雲。戦国の世では、勝つために手段はなんでもありという前例をつくったといえます。この北条早雲をみならって、このあと次々と奇策が展開する時代が到来するのです。

ちょっと卑怯な手のようにも感じますが、ただ真正面からぶつかってムダに多くの血を流すのではなく、リスクを最小限に抑えた老猾な戦い方を選んだといえます。

自分を信じてひたすらすすめ

もちろん北条早雲は、ただ戦に強いだけではありません。ものすごい倹約家で「針を蔵に積む」とたたえられたほどですが、一方、いざというときは大切なものでも思い切って断舎離するという、経済感覚のすぐれた人でもありました。分国法の「早雲寺殿廿一箇条」では日常生活の細かな指針から、人生観、宗教観などが記されています。

『超訳 戦国武将図鑑』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします) 

「出仕のときはもちろん、家にいるときも必ず髪をととのえること」「朝は早く起き、戌の刻(19~21時)までに寝ること」といった日常生活の心得や、「歌道のない人は取り柄がない。歌を学ぶこと」「いつも書物を持ち歩き、ちょっとした空き時間に読書をすること」とよいことばかり。人心掌握術にも長けていて、農民への減税政策など配慮も忘れなかったので、多くの人から慕われた戦国大名でした。

その後、早雲の子孫が管領家の扇谷上杉家、山内上杉家の両上杉家の勢力を押さえていきました。そして永正16年、88歳で伊豆の韮山城に没したと伝えられています。

今よりもずっと人々の平均寿命が短かった戦国時代においても、このような人物がいたというのは、なんだか励まされる事実です。

現代では100年時代ともいわれています。40代、50代が近づいて、人生の目標を見失ってしまうようではいけません。第二の人生というよりは、人生すべてが第一の人生で継続していると考え、北条早雲をみならって、今からビッグな夢をスタートさせてみれば、新しい未来が開けるかもしれません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。