カプコン「モンハン4」快進撃の秘密(下)

激変するゲーム業界。勝ち残り戦略を辻本春弘社長に聞いた

――モバイル向けソフトにも注力しているようだが。

カプコンとしては、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスやソーシャルゲームに対して2つの考えがある。

ひとつ目は、マルチプラットフォームの一環という考え。「モンスターハンター」や「ドラゴンズドグマ」などはゲーム専用機でも、スマホでも出している。これはたとえば、「モンハン4」をできるだけ多くの人に遊んでもらいたいと思っても、ニンテンドー3DSを買って、ソフトを買って、となると、初期導入費用が高くなる。

「フリーミアムモデル」を実践

値段で遊ぶことを躊躇されるのなら、スマホベースで体験的に遊んでもらおうと。しかも、フリーミアム(基本サービスは無料で、付加機能に課金するビジネスモデル)で展開することで、入り口はぐっと低くなるはず。スマホベースのゲームで体験し、その世界観を理解してもらったら、今度は3DSの「モンハン4」を購入してもらうチャンスに巡りあうかもしれない。つまり、ゲーム専用機を売るための施策といえる。

もう一つは、スマートデバイスをひとつのプラットフォームとみなして、そのプラットフォーム上でカプコンならではのゲームを成功させるというミッション。「CROSS BEATS」や「音レンジャー」、「全国鉄道の旅」など、コンソールには提供していない、オリジナルなコンテンツを展開している。

当社は過去から現在において、さまざまなハードで代表すべきヒット作を作ってきた。ファミコン、スーパーファミコン、PS、PS2、PS3、3DSもそう。そう考えると、僕らとしては、スマホやタブレットでもカプコンが代表するようなソフトを作りたいのだ。どのプラットフォームであろうと、カプコンらしさを出すことができなければ時代に適合できない。

次ページゲーム人口は拡大する
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT