カプコン「モンハン4」快進撃の秘密(下)

激変するゲーム業界。勝ち残り戦略を辻本春弘社長に聞いた

モンハン4はシリーズ最高の売上げを叩きだす見込みだ。(C) CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.

――ゲームの未来をどうとらえる。

ゲームビジネスに携わっている人たちは、ゲーム人口は今後とも拡大していくと思っている。

一つにはゲームが外に飛び出したことがある。昔はテレビゲームというものは、家の中でしか遊べなかった。しかし、ゲームボーイが出てきて、ゲームを外に連れ出した。やがて、大人でも外で遊べる端末もできた。

そうこうしているうちに、携帯電話でゲームができるようになり、性能が向上したスマホやタブレットの出現で、ゲーム専用機でなくとも汎用機で遊べるようになった。この流れは全世界的に広がるだろう。

2つめに地域の拡大がある。スマホやタブレットのメーカーは今後、低価格スマホを出していくといっている。ゲーム専用機は、ある程度、経済が発展しないと購入できなかったが、スマホは違う。電話であって、かつパソコンのような存在だ。汎用機ではあるが、アジアの次はアフリカ、というぐあいに普及していくだろう。

3つめとして、システム環境の変化があげられる。PS4もXbox oneも、これから出てくるゲーム専用機の構想はいつでもどこでもゲームができるというもの。すべてにおいてスマートモバイル端末と連動、融合していく。やがては、iOS端末やアンドロイド端末で、ゲーム専用機のコンテンツが楽しめるようになるだろう。そうなれば、わざわざゲームをしに家に帰らなければならないとか、専用ゲーム機を持ち歩かなければならないとか、面倒なことはなくなる。

価格低下によりユーザーは増加

さらに4つめ。スマートデバイスの出現で、ソフト価格が低下傾向にあることもユーザー拡大につながる。いままではパッケージでしか購入できなかったソフトが、ダウンロード型の配信で買うことも可能となっている。さらにそこからフリーミアムという形態もでてきた。あとから追加コンテンツを購入すれば課金されるが、最初は無料ということでゲームを始める障壁が低くなっているのだ。

ハード面、地域面、システム環境、価格面とゲーム人口は拡大する方向に向いている。とはいえ、ユーザーのライフスタイルやゲームに対する嗜好の濃淡など、ユーザー各人の特性がある。また、購入方法においても、さまざまな選択肢が増えてきている。その中で、カプコンは従来からあるコンテンツのIPをマルチで展開しながら、時代時代に合わせ、ユーザーの環境にあったゲームを提供することで、対応していくつもりだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。