カプコン「モンハン4」快進撃の秘密(下)

激変するゲーム業界。勝ち残り戦略を辻本春弘社長に聞いた

カプコン「モンハン」4快進撃の秘密(上)では、最新のモンハン4が前回作の累計販売本数470万本を超えていくための練りに寝られた作戦について、詳細に分析した。今回は辻本春弘社長にカプコンの経営戦略について直撃する。

――「モンスターハンター4」の滑り出しが好調だ。

初回200万本を出荷したが、ユーザーさんから非常におもしろいと言ってもらって安堵している。今回はシステムを一新しているので、遊び方やゲーム内のバランスがどう受け止められるか、開発中から気になっていた。いまのところ漏れ聞こえてくる評価からすれば、いい感触を得ているようで喜んでいる。

――「モンスターハンターポータブル 3rd」も初週6日で200万本を超え、結果的に470万本売れた。今回も期待できるのでは。

とにかくたくさんの方にモンハンを楽しんでいただきたいという気持ちがある。過去470万人の方々に新規に購入していただいたのならば、今作ではそれ以上を目指す。モンハンを提供しているメーカーとしては、そういう目標を持ってやっていきたい。

システムを一新した

――当初、3月発売予定だったのが9月までずれ込んだ。

今回、武器の種類も増やしたし、マップも高低差が出るようにした。その関係からモンスターを倒す方法もモンスターに乗っかって戦えるようにしたりと、システムを一新した。いろんなことを変えたので、攻略法であるとか世界観であるとか、ゲームバランスを見極める必要があった。たとえば、片手剣の場合はこう、ボウガンの場合はこう、など武器にしてもそれぞれに特性がある。ゲームバランスが崩れてしまうと、せっかくここまで熟練したユーザーに納得してもらえなくなる。ユーザーが納得した形でゲームが進化していけば、さらにゲームをやってくれる。

次ページソーシャルゲームなどにどう対応するか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。