カプコン「モンハン4」快進撃の秘密(上)

どうしてシリーズを重ねるごとに売上本数が増加するのか?

国内販売本数は発売からわずか4日で200万本を突破 (C) CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.

「前作が470万本売り上げたのだから、今作はそれ以上を目指していく」――家庭用ゲームソフト開発の大手、カプコンの辻本春弘社長の鼻息は荒い。カプコンの発売した、任天堂のニンテンドー3DS用ソフト「モンスターハンター4」が、9月14日の発売からわずか4日で、国内出荷本数200万本を突破。現在も快進撃が続いているもようだ。

「モンスターハンター4」とは、雄大な自然に囲まれたフィールドで巨大なモンスターを“狩る”という、ハンティングアクションゲーム「モンスターハンター」シリーズの最新作。2004年の初作登場以来、「一狩り(ひとかり)行こうぜ」という合言葉で、「モンハン現象」と呼ばれる一大ブームをもたらした。シリーズ累計で2500万本を誇るお化けソフトでもある。

2010年12月に発売された前作のソニーPSP用ソフト「モンスターハンターポータブル3rd」も、発売後6日間で200万本を売り上げ、現在まで累計は470万本を突破した。

2008年3月に発売した、2作前のソフト「モンスターハンターポータブル 2nd G」の販売本数は330万本。モンハン世界の認知度が上がるにつれ、販売本数もうなぎ登りとなっていることがわかる。

ワンコンテンツ・マルチユース

この背景にはカプコンの「ワンコンテンツ・マルチユース」という手法による、ユーザー層の拡大策が功を奏していることもある。「マルチユース」には、複数のハード(プラットフォーム)に同じソフトを提供することに加え、他業態とのコラボレーションにより、あらゆる機会をとらえてソフトの持つ世界観の認知度をあげるという意図も含まれる。

次ページ他業態とコラボ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT