相手の心をつかむ!世代別「出来事」はこれだ

チキンラーメンの話題が盛り上がる世代は?

世代間の誤解や歪みの原因ともなり得る「戦後の昭和~平成の出来事」を取り上げる(イラスト:ケン・サイトー)
平成も30年目を迎えた2018年。新天皇即位に伴い「平成」は終わり、新たな元号に変わることも決定した。これで30代以上の多くの人は「昭和・平成・新元号」の三時代を生きることになり、かつて年号が「平成」になったとき以上に、時代の変化や世代間ギャップを感じていくことになるかもしれない。
『雑学ニッポン「出来事」図鑑』を著したイラストレーターのケン・サイトー氏は本の取材過程で、ビジネスシーンでも何かとネックになりやすい「世代間ギャップ」は、各世代が見聞きした「出来事」の“取り扱い方”に原因の一端があるのではと感じたという。本記事では、世代間の誤解や歪みの原因ともなり得る「戦後の昭和~平成の出来事」を取り上げてみたい。
ピーナッツ領収書……バレたら大変ってどういう意味?(イラスト:ケン・サイトー)

「チキンラーメン登場」を知っているのは60代以上

今から60年前の1958(昭和33)年、世界初のインスタントラーメンである日清「チキンラーメン」が発売されました。日清食品創業者・安藤百福氏の発明により誕生したこの商品は“食の革命”ともいえる超ロングセラー。その発売当初のリアルを知っているのは、おそらく65歳以上の方たちになるはずです。

超ロングセラーの日清「チキンラーメン」(イラスト:ケン・サイトー)
日清食品創業者・安藤百福氏の発明(イラスト:ケン・サイトー)
次ページ終戦から10年以上経過していたが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。