相手の心をつかむ!世代別「出来事」はこれだ

チキンラーメンの話題が盛り上がる世代は?

40年前の1978(昭和53)年には、千葉県成田市に「新東京国際空港(現・成田空港)」が開港。ここは今や、LCCを含む多くの航空便が往来する国際空港となっていますが、この空港が開港する以前は、羽田空港が国内唯一の空港として利用されてきました。

成田空港のオープンを覚えているのは、今ちょうど40代後半以上になる方たちでしょうか。空港の開業までには“負”の歴史もあり、地元住民らとの長く激しい衝突があった「三里塚闘争」などの経緯を知る人となると、さらに上の世代になるはずです。

空港の開業までには“負”の歴史もある(イラスト:ケン・サイトー)

「東京ドーム開業」に胸躍らせたのは30代以上

30年前の1988(昭和63)年には「東京ドーム」が開業。当時はボクシング・ヘビー級王者マイク・タイソンの絶頂期で、ここで行なわれた2度の防衛戦では5万人を動員しました。

大物アーティストも来日しました(イラスト:ケン・サイトー)

また、来日アーティストもこの年、ミック・ジャガー、マイケル・ジャクソン、ボン・ジョヴィなどの大物たちが東京ドーム公演を行なっています。これはまさに、当時の「バブル・ニッポン」を象徴する出来事だったといえるでしょう。

次ページ翌年1989年には昭和天皇が崩御
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。