大ブーム「田中角栄」は何がスゴかったのか?

最もよく知る男が語る「決断と実行力」

ロッキード事件丸紅ルート判決公判後、再保釈手続きを終え東京地裁を出る田中角栄元首相と早坂茂三氏(右、写真:共同通信)
いま「田中角栄ブーム」といわれる。テレビや雑誌などで次々と“角栄特集”が組まれているほか、関連書も続々と刊行されている。田中氏の名言集や評伝などベストセラーになっているものも多い。
こうした“角栄本”の「ネタ元」といわれるのが、元秘書・早坂茂三氏(2004年逝去)の数々の著書である。早坂氏は、田中氏が病に倒れるまでの23年間、敏腕秘書として苦楽をともにした。最近の角栄ブームが追い風となって著書が続々と復刻されており、最後の書き下ろし『田中角栄と河井継之助、山本五十六』(旧題『怨念の系譜』)もこのたび復刊された。
この「角栄をもっともよく知る男」が語り遺した貴重な証言を、『新・渡る世間の裏話』から抜粋して紹介する。

「俺は十年後、天下を取る」

角栄を最もよく知る著者、最後の書き下ろしが待望の復刊。書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします

私があの人(田中角栄)のところへ弟子入りしたのは、新聞記者をしていた32歳のときでした。昭和37(1962)年12月10日に大蔵大臣秘書官事務取扱という辞令をもらったんです。

実はその前の12月2日、大蔵大臣室に呼ばれまして、そのときに、オヤジさんが私に言った。

「俺は十年後、天下を取る」

いきなりです。正直に言って、「頭がおかしくなったんじゃないか」と思いました。その年の7月、44歳の若さで池田勇人(はやと)首相に大蔵大臣という大役に抜てきされたばかりでしたから……。それなのにもう今度は天下取りか、と思ってじっと顔を見た。それでも本人はまじめな顔をして、気負った様子がありません。

「お互いに一生は1回だ。天下取り、これだけの大仕事がほかにあるかい」

と言うので、

「ありません」

と答えました。

次ページ俺はお前を使いこなすことができるよ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。