大ブーム「田中角栄」は何がスゴかったのか?

最もよく知る男が語る「決断と実行力」

「ならば一緒にやろうじゃないか。片棒を担げ。お前が学生時代、共産党だったことは知っている。公安調査庁から書類を取り寄せて目を通した。よくもまあ、アホなことばかりやった。若かったからね。あの頃の若い連中は腹も減っていたし、血の気が多いのは、あらかたあっちへ走った。それは構わない。そのぐらい元気があったほうがいい。ただ、馬鹿とハサミは使いようだ。俺はお前を使いこなすことができるよ、どうだい、一緒にやらないか」

と、にんまり笑いました。

私は、「一晩、考えさせてほしい」と答えた。そして、下宿でまんじりともせず考えた。

自民党が金権と腐敗の温床である現実はわかっている。だけど、社会党は天下を取る気がまったくない。日中――日本と中国が仲良くしなきゃならない。これは私の若いときからの夢でした。田中ならばできる。彼の決断力と実行力、情熱と闘争心はほかに例がない。自民党でドロまみれになるけど、日中問題を解決できるなら男子の本懐だ。

そう結論を出して、私は翌日、弟子入りしました。

命を賭けて成し遂げた日中国交回復

田中角栄と言えば、多くの皆さんに「日中」というのがすぐ出てくるわけですが、私が今でもよく覚えているのは、あの人が天下を取った昭和47(1972)年7月5日の光景です。福田赳夫さんに自民党の総裁選挙で競り勝ったあと、総理官邸2階の天井が低い執務室で、あの人は、私に言った。

「日中を一気にやる。鉄は熱いうちに打て。俺も今が一番力の強いときだ。厄介な問題は力が強いときに一気にやらなきゃ駄目だ。先延ばしをして力がへたってからやろう、なんて考えてもできるはずがない。それに俺は毛沢東、周恩来という男たちを信用している。連中は共産党だ。だけど、死線を何十回も超えてきた。修羅場を何百回もくぐり抜けてきている。そうした“叩き上げ創業者オーナー”というのは、大事を決するときに信用できる。今は何をしなきゃならんか、自分が何を譲って、相手から何を取るか、それをよく知っている。おそらく毛沢東や周恩来は俺に、『台湾とだけは手を切ってくれ。日米安保条約はそのままでいい。我慢ならないことだけれども、賠償に目をつぶってもいい』。この線で必ず来る。今がチャンスだ。俺は一気にやる。秋口までに片づける」

そう言いました。私は体がふるえたことを今でも覚えています。

あのとき、自民党内は八割が台湾派であった。岸信介さんを総大将にして弟の佐藤栄作さん、それに石井光次郎さんや賀屋興宣(かや おきのり)さん、灘尾弘吉(なだお ひろきち)さんというそうそうたる大立者がデンと控えていました。

これを中央突破して、党議決定に持ち込むのは至難の業だ。ならば、政府声明でやる。

「腹の中に銃弾百発もぶち込まれる覚悟がなければ、政治のトップなんていう仕事はできない」

次ページ今すぐ本会議を開くベルを鳴らせ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT