女性のキャリア邪魔する「意識の持ち方」問題

職場でミスコミュニケーションが起きるワケ

育休期間を漫然と過ごすのではなくて何らかの目的意識を持ってきちんと過ごせば、キャリアのプラスになることも(写真:kohei_hara/iStock)
働きやすく、キャリアも積める働き方改革とは。働く人、企業の双方に有効な思考転換メソッドがあるという。『働く女子のキャリア格差』を書いたワークシフト研究所の国保祥子所長に詳しく聞いた。

育児休業後に職場復帰して、いかに活躍できるか

――ワーキングマザーはいわば「炭鉱のカナリア」なのですか。

それぞれの職場の機能不全をあぶり出す。普通の人にとっても、ワーキングマザーが仕事と家庭を両立しやすい職場が働きやすい職場のはずで、危険をいちばん早く察知するカナリア的な存在なのだ。今や夫婦共働き世帯が過半数を超える。育児休業後に職場復帰して、いかに活躍できるか。その環境をどう整えるかが個人と企業の双方に切実に問われている。

働く女性側には「時短トラップ」「マミートラック」「ぶら下がり化」など数々の両立の壁があり、受け入れ企業側には「過剰な配慮」「理解のない上司」「権利主張女子」といった問題がある。だが、その多くは職場環境と女性の意識の持ち方に問題の根源があると調査してわかった。

――女性には出産・育児の「空白時期」が控えています。

私自身は人材育成が専門。その観点から女性特有の問題があると判断した。いちばん大きい問題は結婚、出産でキャリアが途絶える可能性があることだ。そこで女性たちはあまりキャリアアップを考えない、成長のための自己投資や勉強をしない傾向がある。

そういう人たちに言いたい、学ぼうと。不安だったり自信がなかったりしても、自分の努力によって、学べば変えられる。

次ページすべての経験が学びのきっかけになる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT