職場の「フリーアドレス化」定着に必要な視点

成功する職場はいったい何が違うのか?

こうした、複数のスペースという点に徹底的にこだわっているのがヤフーのオフィスかもしれません。2016年10月に本社移転を機にフリーアドレスにし、さまざまなスペースを準備。カフェのようなスペースや、靴を脱いで仕事をする空間などがあるほか、デザイン的にもしゃれた机や椅子を並べたり、色使いもカラフルにして気分や用途で選べるスペースにするなど、何パターンもあります。

ヤフーのような大企業でなくても中小企業、ベンチャー企業でも「集中」「リラックス」「対話」と分けたスペースをつくっている会社が幾つも出てきています。

知恵をしぼれば、実施は可能

取材したネット系のベンチャー企業は、オフィス費用のコスト削減が当初の目的で、フリーアドレスを検討しました。ただ、導入後に継続するためには社員の働き方を変えないと無理であると経営者が認識。周囲のベンチャー企業ではフリーアドレスを導入したものの、座る席が固定化して形骸化してしまった会社が大多数であるということにも危機感を持ったようです。

そこで「自分の会社ではフリーアドレスを絶対に継続させ、業績向上につなげたい」と社長が社員に宣言。社長も毎日のように席を変えて仕事をすることに。そして、中古家具を活用してさまざまなユニークなスペースも生み出しました。こうした会社のやる気にのせられて、フリーアドレスは定着。直接的な影響ははかれないものの、業績も上昇傾向にあるようです。大企業でなくても知恵をしぼれば、実施は可能と言うことなのです。

こうした、工夫を凝らす会社の登場もあり、フリーアドレス第2世代は続きそうな気配も出てきています。ただ、全体でどれくらいまで広がるのか? 今後、導入企業でどれだけ具体的な成果があるかによって、また変わっていくことでしょう。

話題のフリーアドレス導入企業の大半は、成果に関してはまだまだ道半ば状態です。これからの動向に注目していきたいところです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT