職場の「フリーアドレス化」定着に必要な視点

成功する職場はいったい何が違うのか?

こうした、複数のスペースという点に徹底的にこだわっているのがヤフーのオフィスかもしれません。2016年10月に本社移転を機にフリーアドレスにし、さまざまなスペースを準備。カフェのようなスペースや、靴を脱いで仕事をする空間などがあるほか、デザイン的にもしゃれた机や椅子を並べたり、色使いもカラフルにして気分や用途で選べるスペースにするなど、何パターンもあります。

ヤフーのような大企業でなくても中小企業、ベンチャー企業でも「集中」「リラックス」「対話」と分けたスペースをつくっている会社が幾つも出てきています。

知恵をしぼれば、実施は可能

取材したネット系のベンチャー企業は、オフィス費用のコスト削減が当初の目的で、フリーアドレスを検討しました。ただ、導入後に継続するためには社員の働き方を変えないと無理であると経営者が認識。周囲のベンチャー企業ではフリーアドレスを導入したものの、座る席が固定化して形骸化してしまった会社が大多数であるということにも危機感を持ったようです。

そこで「自分の会社ではフリーアドレスを絶対に継続させ、業績向上につなげたい」と社長が社員に宣言。社長も毎日のように席を変えて仕事をすることに。そして、中古家具を活用してさまざまなユニークなスペースも生み出しました。こうした会社のやる気にのせられて、フリーアドレスは定着。直接的な影響ははかれないものの、業績も上昇傾向にあるようです。大企業でなくても知恵をしぼれば、実施は可能と言うことなのです。

こうした、工夫を凝らす会社の登場もあり、フリーアドレス第2世代は続きそうな気配も出てきています。ただ、全体でどれくらいまで広がるのか? 今後、導入企業でどれだけ具体的な成果があるかによって、また変わっていくことでしょう。

話題のフリーアドレス導入企業の大半は、成果に関してはまだまだ道半ば状態です。これからの動向に注目していきたいところです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。