初公開!プロ野球テレビ中継回数ランキング

昨シーズン球団はどのくらい放送されたのか

昨シーズンプロ野球中継がいちばん多かったテレビ局はどこだったのでしょうか(写真:gootaro / PIXTA)

【2月26日15時13分追記】記事初出時、テレビ埼玉と千葉テレビが中継したビジター放映回数をテレビ埼玉0回、千葉テレビ2回と表記していました。しかし、正しくは4回、3回でしたので本文中の記述とランキング表を訂正します。

早くもオープン戦や一部の地方開催ゲームのチケット販売が始まったプロ野球。巨人戦の全国放送が激減しただけで、今も在京以外の球団本拠地ではプロ野球中継は数字がとれる重要なコンテンツだ。

球団にとっても、ホームゲームの中継は放映権料が入り、ビジターゲームの中継も、放映権料こそ球団には入らないが、露出頻度が上昇し、ファン層の拡大につながる。

そこで、2017年シーズン、地上波の各テレビ局がどのくらい中継したか、言い換えると、各球団はどのくらい放送してもらえたのかを集計してみた。有料のCS、アンテナ設置が必要なBSは除外、地上波のみに絞り、対象は生中継のみとし、録画放送は除外した。全国放送されたゲームは、対戦球団双方の地元で放送されたことになるので、ホーム球団ではホームゲームの中継回数に、ビジター球団ではビジターゲームの中継回数にカウントした。また、同一ゲームを複数の放送局で放送した場合はダブルカウントした。

東京MXがソフトバンク戦63試合を中継

球団別ではのべ161回の福岡ソフトバンクホークスが2位の阪神タイガースを振り切って首位を獲得。最大の要因は、独立局の東京MXテレビが、東京ローカルでホームゲーム63試合を放送していることにある。

パ・リーグ6球団は球団自身が実況、解説付きの基本映像を、外部の技術会社に委託して製作し、中継をするテレビ局に販売している。テレビ局側は別途実況、解説、カメラを用意し、買い取った映像とミックスして番組に仕上げている。このため、パ・リーグ6球団の中継の最後に流れるテロップでは、製作著作が球団と放送局の連名になっている。

ホークス球団は地元の九州東通に基本映像の製作を委託しており、大型の中継車を持っていないMXテレビは、同じ九州東通にMXテレビ用の番組製作を委託。番組はソフトバンクの通信回線を使って東京・麹町の本社に送ってもらい、放送している。

東京MXテレビは1998年から年間20試合前後のペースで、神戸の独立系テレビ局・サンテレビから番組を買う形でタイガース戦を中継していたが、需要の変化で2005年頃から縮小。代わって2007年から始めたのがホークス戦の中継だ。きっかけは東京でファン層を拡大したいホークス球団からのオファーである。

次ページ【表】テレビ中継合計回数ランキング
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。