アフガニスタンの救急車自爆、死者103人に

負傷者は235人、タリバンが犯行声明

 1月28日、アフガニスタン内務省は、首都カブールで27日に発生した自爆攻撃の死者が103人、負傷者が235人に上ったと発表した。自爆攻撃の犠牲者の棺を運ぶアフガニスタンの人たち(2018年 ロイター/Omar Sobhani)

[カブール 28日 ロイター] - アフガニスタン内務省は28日、首都カブールで27日に発生した自爆攻撃の死者が103人、負傷者が235人に上ったと発表した。

内務省によると、救急車を装った2台の車両のうち1台が警察の検問所で停止した際に爆発した。

反政府武装勢力タリバンは声明を出し、今回の攻撃は昨年アフガンへの増派を行い、一段の空爆を命じたトランプ大統領やその手下たちにへのメッセージだ、と主張した。

首都カブールでは昨年5月にドイツ大使館付近でトラックが爆発して150人が死亡している。治安当局者は、再度攻撃があるかもしれないとして警戒を呼び掛けている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。