アフガニスタンの救急車自爆、死者103人に

負傷者は235人、タリバンが犯行声明

 1月28日、アフガニスタン内務省は、首都カブールで27日に発生した自爆攻撃の死者が103人、負傷者が235人に上ったと発表した。自爆攻撃の犠牲者の棺を運ぶアフガニスタンの人たち(2018年 ロイター/Omar Sobhani)

[カブール 28日 ロイター] - アフガニスタン内務省は28日、首都カブールで27日に発生した自爆攻撃の死者が103人、負傷者が235人に上ったと発表した。

内務省によると、救急車を装った2台の車両のうち1台が警察の検問所で停止した際に爆発した。

反政府武装勢力タリバンは声明を出し、今回の攻撃は昨年アフガンへの増派を行い、一段の空爆を命じたトランプ大統領やその手下たちにへのメッセージだ、と主張した。

首都カブールでは昨年5月にドイツ大使館付近でトラックが爆発して150人が死亡している。治安当局者は、再度攻撃があるかもしれないとして警戒を呼び掛けている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT