「新年の目標」が三日坊主になる人の失敗原因

複数、高難度…そんな目標掲げていませんか?

失敗する原因5 完璧を求めてしまう

習慣化できない人は、意外と完璧主義の人が少なくない。それゆえに、習慣化したいことが完璧にできないと、自己嫌悪に陥ってしまい、それで持続するモチベーションが下がってしまうのだ。

「しかし、それで行動が続かなくなったら、何も得られません。重要なのは、完璧を求めることよりも、とにかく長く続けることです。ポイントは、減点法ではなく、加点法でいくこと。『30分音声を聞くつもりだったのに、5分しか聞けていない』と考えるよりは、『5分は音声を聞けた』と考える方が、自己肯定感が上がり、ますます行動が続くようになる、という良い循環に入れます」と、大平さんは話す。

できないことを責めず、できた自分をほめる

失敗する原因6 できない自分を責める

挫折しやすい人の特徴をここまで紹介してきたが、最も問題のある特徴はコレ。「こんなこともできないなんて、なんて自分はダメな人間なんだ」などと自分を責めれば責めるほど、自分自身の能力や存在を否定することになり、自信や、やる気をなくすという悪いスパイラルに陥っていく。

それを防ぐ方法として大平さんは「そうやって一喜一憂してしまう人は、『できる・できない』で捉えている傾向があります。一喜一憂しないためには、『行動する・しない』で捉えること。今日行動しなかったのなら、明日取り戻せばいいだけと、淡々と考えることが大切です」と、語る。

以上のポイントを意識すれば、三日坊主からの脱却も夢ではない。2018年はまだ始まったばかり。もう一度目標と行動を見直して、今日からでも行動を始めれば、年末にはみちがえるような自分に変わっているかもしれない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT