食事10割ですっと痩せる!食べ方9つのコツ

水の摂取や内蔵に負担をかける食品にも注意

ブロッコリーは積極的に!

代謝アップの味方

ブロッコリーは代謝アップの最強野菜。筋肉の発達を妨げる女性ホルモン・エストロゲンの働きを抑えて、筋肉などをつくる男性ホルモン・テストステロンの働きを強める成分や、たんぱく質が豊富。積極的にとろう。

何を食べていいの?と迷ったら「マゴワヤサシイ」

「食事10割」で体脂肪を燃やすためには、まず肉・魚・卵などの動物性たんぱく質を主食としてしっかりとること。それに加え、食事のバリエーションを増やし、代謝アップを手助けするのが「マゴワヤサシイ」の食材。食事にこれらの食品をとり入れて、糖質や加工食品を減らすのが食事10割を成功させるコツ。ただし、動物性たんぱく質を減らして、低カロだからと「ワヤシ」の食品でカサ増ししても、代謝は上がらないので注意。

【マ】豆類

みそ、豆腐、納豆、大豆、あずき、ゆばなど。

【ゴ】ゴマなどの種子類

ナッツ、くるみ、アーモンドなど。

【ワ】わかめなどの海藻類

ひじき、昆布、もずく、のり、寒天など。

【ヤ】野菜類

緑黄色野菜を中心に。

次ページ続いて、「サ」「シ」「イ」は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。